本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月8日】令和元年度群馬県病院事業の決算について(速報)(病院局総務課)

 令和元年度病院事業決算は、8億4千3百万円の純損失となり、昨年度の決算と比較して、7億1千2百万円悪化しました。第四次病院改革プラン(H30~R2年度)の目標は達成できませんでしたが、計画期間中の黒字化を目指して更なる経営改善を行っていきます。

【令和元年度純損益状況】 (単位:百万円)
区分 純損益
心臓血管 がん 精神 小児 総務課 合計
 令和元年度 (A)
 病院事業純損益
-93 -547 164 -194 -173 -843
 病院事業収益
 (うち繰入金)
9,410
(700)
10,289
(725)
2,940
(696)
6,313
(1,471)
34
(34)
28,987
(3,626)
 病院事業費用 9,503 10,836 2,777 6,507 207 29,830
 平成30年度 (B)
 病院事業純損益
-128 -195 327 56 -191 -131
 病院事業収益
 (うち繰入金)
9,109
(702)
10,451
(711)
3,064
(743)
6,396
(1,460)
12
(11)
29,032
(3,628)
 病院事業費用 9,238 10,646 2,737 6,341 202 29,163
 対前年度比(A)-(B)
 病院事業純損益
35 -352 -163 -250 18 -712
 病院事業収益
 (うち繰入金)
301
(-1)
-162
(14)
-123
(-48)
-83
(11)
22
(23)
-45
(-2)
 病院事業費用 266 190 40 166 5 667

 (注)数値は、表示単位未満を四捨五入しているため、端数により合計とは一致しないものがあります。

 

 病院事業全体の決算見込みの状況

 収益について前年と比較すると、入院収益が入院患者数の減により1億8千7百万円の減、外来収益が患者1人1日当たり診療収入の増加により2億7千3百万円の増となり、全体では4千5百万円の減少となりました。
 費用については、給与費が3億7千7百万円、診療材料・薬剤等の材料費が2億8千8百万円、医療器械保守委託等の経費が9千3百万円増となり、全体で6億6千7百万円増加しました。
 この結果、前年度と比較して純損益は7億1千2百万円減少し、8億4千3百万円の純損失となりました。

【参考】純損益の状況 (単位:百万円)
区分 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度 R1年度
実績 -816 -631 -162 -202 -5,007
-503
-166 -281 -462 -131 -843
プラン -1,520 -913 -581 -202 199 -355 -90 13 -39 41

※26年度実績の下段は会計制度改正に係る影響額を除いた試算額

各病院の決算の状況(主な要因と今後の方針)

心臓血管センター

 (理由)入院患者数や手術件数が増加したことにより医業収益が増加し、前年度に引き続き収支は改善しました。
 (方針)本県心疾患医療の最後の砦として質の高い安全な高度専門医療を提供するとともに、心疾患の24時間365日救急体制を堅持し、県内各地域の医療機関や救急隊との連携を一層推進していくほか、引き続き運営の効率化に取り組み、収支の更なる改善を図ります。

がんセンター

 (理由)入院患者数の減少により医業収益が減少したことに加え、高額薬剤の使用増による薬品費の増加や医療器械保守等の委託料の増加等により費用が増加し、収支は悪化しました。
 (方針)がん専門病院として、高度・専門的かつ患者にとって最適な医療を提供するとともに、地域医療機関との連携強化や新たな加算取得等の収益増加の取り組みに加え、後発医薬品の採用推進や医療器械更新の見直し等の経費節減により収支改善を図ります。

精神医療センター

 (理由)延べ入院患者数が増加し医業収益が増加したことにより、平成27年度決算から5年連続の黒字となりました。
 (方針)精神科三次救急や司法精神医療の基幹病院として、民間病院では対応困難な精神症状の患者を受け入れるとともに、病状不安定時の休息入院の受け入れ、訪問看護の充実等にも取り組み、県民の精神的健康の保持及び増進に努めます。

小児医療センター

 (理由)患者数の減少により医業収益が減少したことに加え、医療器械保守等の委託料や電子カルテに係る減価償却費が増加したこと等により費用が増加し、収支は悪化しました。
 (方針)県内唯一の小児専門病院として、高度で先進的な周産期・小児医療を安全に提供し、県内全域の三次医療及び北毛地域の二次救急医療に引き続き対応していくとともに、地域連携の強化や効率的な病床運営を図ることにより収支の改善を目指します。
 

このページについてのお問い合わせ

病院局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2713
FAX 027-221-8818
E-mail bsoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。