本文へ
表示モードの切替
印刷

【1月5日】「季節展 昆虫たちの冬越し展」及び「第15回ぐんま昆虫の森フォトコンテスト作品展」を開催します!(ぐんま昆虫の森)

 ぐんま昆虫の森では、冬越しする昆虫たちを紹介する「季節展 昆虫たちの冬越し展」及び昆虫の写真や、虫と人とのふれあいの写真を展示する「第15回ぐんま昆虫の森フォトコンテスト作品展」を下記のとおり同時開催いたします。

1 開催期間

令和3年1月6日(水)~2月23日(火・振替休日)
休園日:月曜(祝日の場合は翌日)

2 開園時間

9時30分~16時00分(入園は15時30分まで)

3 費用

無料
(別途入園料が必要:一般=410円、大学・高校生=200円、中学生以下=無料)
※障害者手帳などをお持ちの方とその介護者(1人)は無料です。入園する際に手帳をご提示ください。

4 内容

(1)季節展 昆虫たちの冬越し展 【昆虫観察館2階にて展示】

 冬の野山では、昆虫たちはほとんど見られません。しかし、目立たないだけで様々な場所にかくれています。昆虫たちが冬の間、どこで、どんな姿ですごしているかをパネルで紹介したり、ジオラマ標本で実際に見ることができます。

(2)第15回ぐんま昆虫の森フォトコンテスト作品展 【昆虫観察館本館1階及び3階にて展示】

 ぐんま昆虫の森「フォトコンテスト作品展」は、自然とふれあうことの大切さ、身近な環境とそこに息づく小さな命を見つめてもらうことを目的として、毎年実施しているものです。
 今年度より「昆虫部門」を設け、その中を「ベストショット部門」と「ビギナーズ部門」としました。コンテストは3部門に分かれており、昆虫写真を撮影した「昆虫部門」に143点(「ベストショット部門」に87点、「ビギナーズ部門」に56点)、昆虫と人とのふれあいや昆虫の森の園内で楽しく遊ぶ写真を撮影した「自由部門」に555点、小学生以下の子どもたちが撮った「キッズ部門」に61点、計259点の応募がありました。応募作品はすべて展示します。
 また、表彰式を次のとおり開催します。なお、新型コロナウィルスの影響により実施や実施方法等が変更になる場合があります。

<フォトコンテスト表彰式>

  • 日時 令和3年1月24日(日)午前11時から
  • 会場 ぐんま昆虫の森昆虫観察館1階映像ホール

また、受賞作品(受賞者)は以下のとおりとなります。※敬称略

昆虫部門入賞者
受賞名 氏名 部門 作品タイトル
最優秀賞 青木 邦治 ベスト 一撃
優秀賞 小西 浩司 ベスト 私も泳ぎたい
古澤 高昭 ビギナーズ 命を繋ぐ
入賞 小野 吉英 ベスト 産卵中
向川 靖彦 ベスト 幼虫あわれ!
伊藤 京子 ベスト 桃山城を背に
大久保 誠 ベスト 木の葉広げて ショータイム
(アケビコノハ)
古澤 高昭 ビギナーズ セセリが覗いてるよ
鈴木 篤史 ビギナーズ 糸状菌
新井 翠 ビギナーズ 何見てんのよ。
自由部門入賞者
受賞名 氏名 作品タイトル
最優秀賞 尾池 貴洋 つのだせ やりだせ
優秀賞 宗形 昌儒 ボクのほっぺは蜜の味
鈴木 清美 お姉ちゃん、だっこして!
入賞 秋澤 範子 あっちにいそうだな!
荒木 勉 飛来したアサギマダラに見入るひとと
キッズ部門入賞者
受賞名 氏名 作品タイトル
最優秀賞 岩坂 俊佑 カエルも食べちゃうの?
優秀賞 木下 友永 春のおとずれ
吉原 大地 仲良しなちょうちょ
入賞 秋澤 誉愛 花粉だんごちゃん
石井 佑宜 アブラゼミの交尾
鈴木 諒雅 ハチさんとドライブ

5 お問い合わせ

県立ぐんま昆虫の森(桐生市新里町鶴ヶ谷460-1)
電話:0277-74-6441
ホームページ:ぐんま昆虫の森(外部リンク)

このページについてのお問い合わせ

ぐんま昆虫の森
〒376-0132 桐生市新里町鶴ヶ谷460-1
電話 0277-74-6441
FAX 0277-74-6466
E-mail konchuu@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。