本文へ
群馬県

インターネット等を利用した選挙運動の一部解禁について

 平成25年4月26日に公布された改正公職選挙法により、インターネットを利用した選挙運動が一部解禁されました。

 今回の改正公職選挙法は、候補者や政党だけではなく、一般の有権者の方にも大きな影響があります。このルールを良く理解していないと、知らないうちに公職選挙法違反に巻き込まれてしまった、ということにもなりかねません。
 少し複雑な内容となっていますが、こちらのページに概要をまとめましたのでご覧下さい。

1.改正法の内容に入る前に

【選挙運動とは】

【事前運動や年齢満18歳未満の者の選挙運動は禁止されます】

【選挙運動で配布できる文書や図画は一定のものに限られています】

2.改正法の考え方

【「インターネット等を利用する方法」には2つあります】

【ソーシャルネットワークサービスの電子メール類似機能は?】

3.「ウェブサイト等を利用する方法」による選挙運動

【誰ができる?】

【どんなことができる?】

【何か条件はある?】

【その他の主な注意点は?】

【公職選挙法違反となる可能性の高い行為の具体例】

4.「電子メールを利用する方法」による選挙運動

【一般有権者は電子メールを利用して選挙運動をすることができません】

【公職選挙法違反となる可能性の高い行為の具体例】

5.誹謗中傷・なりすまし対策

【選挙に関するインターネット等の適正な利用】

【「氏名等の虚偽表示罪」の対象拡大】

【虚偽事項の公表に関する既存の刑罰】

【ウェブサイトの改ざんに関する既存の刑罰】




選挙管理委員会
電話 027-226-2218
E-mail senkan@pref.gunma.lg.jp

ページの先頭に戻る
トップページ


(c)2017 群馬県
027-223-1111