ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 感染症・がん疾病対策課 > 新型コロナ・インフルエンザ同時流行に備えた対応について

本文

新型コロナ・インフルエンザ同時流行に備えた対応について

掲載日:2022年12月2日 印刷ページ表示

今冬は、新型コロナとインフルエンザの同時流行が懸念されており、これまでにない規模で感染が拡大し、医療がひっ迫する可能性があります。

同時流行に備えて次の対策をしておきましょう。

健康状態のセルフケアや基本的な感染対策の継続

日頃から、体温や健康状態の確認を心がけましょう。また、引き続き、こまめな換気、場面に応じたマスクの着脱、手洗い等の手指衛生など基本的な感染対策をお願いします。なお、健康状態のセルフケアについては「Withコロナにおいて健康をまもるためにできること」(PDF:309KB)<外部リンク>をご確認ください。
【参考】
Q(質問)1 新型コロナウイルス感染症にかからないためにはどんなことに気をつけて生活すればいいですか?(群馬県作成)

新型コロナ抗原検査キットや解熱鎮痛剤などの準備

今夏を上回る感染拡大が生じた場合には、医療機関を速やかに受診できない可能性も考えられます。
発熱等の体調不良時に備えて、あらかじめ薬局等で検査キット(国が承認した「医療用」または「一般用」)や解熱鎮痛剤を購入し、自己検査やセルフケアの準備をしておきましょう。
また、自宅療養に備えて食料品や飲料水、日用生活品などを用意(5~7日分を目安)しましょう。
【参考】
抗原検査キットの取扱薬局の情報については、次のページの「県民の皆様へ」で確認できます。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における薬局での医療用抗原検査キットの取扱いについて(県薬務課)
(準備しておくとよいもの)​
・体温計
・薬(常備薬や解熱鎮痛剤)
・新型コロナ抗原検査キット
・日持ちする食料(5~7日分を目安)
・近隣の診療・検査外来の情報
「診療・検査外来一覧」のページで、発熱等の症状が出た場合に対応可能な医療機関を紹介しています。

ワクチンの接種

新型コロナワクチンの接種について

新型コロナワクチンの早期接種をお願いします。
新型コロナウイルスは過去2年間、年末年始に流行しています。年末までに重症化リスクの高い高齢者等をはじめ、若い方にもオミクロン株対応ワクチンの接種を完了するようお勧めします。
【参考】
オミクロン株対応ワクチン接種に関するQ&A(群馬県作成)

インフルエンザワクチンの接種について

定期接種の対象者をはじめ、接種を希望される方は、お早めの接種をお勧めします。
【参考】
定期のインフルエンザワクチン接種について(群馬県作成)

厚生労働省ホームページ(外部リンク)

新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応<外部リンク>

同時流行リーフレット(PDF442KB:外部リンク)<外部リンク>

 

Withコロナにおいて健康をまもるために出来ること(PDF309KB:外部リンク)<外部リンク>