ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 農業技術センター > 病害虫発生予察情報 概要版(令和4年11月予報)

本文

病害虫発生予察情報 概要版(令和4年11月予報)

更新日:2022年12月19日 印刷ページ表示

気象の1か月予報(令和4年11月3日 気象庁発表)

  • 平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
  • 平均気温は高い確率40%、降水量は少ない確率40%、日照時間は多い確率40%です。

11月の病害虫予報 注目ポイント

トマト・キュウリ コナジラミ類・・・発生量:やや多

現在までの発生量はトマトで平年並~やや多く、キュウリでは平年よりやや多くなっています。

トマト黄化葉巻病やウリ類退緑黄化病のウイルスを伝搬します。

キュウリ退緑黄化病の発生がやや多くなっているので注意してください。

その他の病害虫

その他の病害虫一覧

作物名

病害虫名

発生量

特記事項

野菜類

花き類

アブラムシ類

各種トラップへの有翅アブラムシ類の飛来数は平年並。

キュウリ

褐斑病

現在までの発生量は平年並。

べと病

現在までの発生量は平年並。

うどんこ病

現在までの発生量は平年並。

アザミウマ類

現在までの発生量は平年並。

イチゴ

うどんこ病

現在までの発生量は平年並。

ハダニ類

現在までの発生量は平年並。

天敵を導入するほ場では、導入前に防除を徹底する。

秋冬ネギ

さび病

現在までの発生量は平年並。

ネギアザミウマ

現在までの発生量は平年並。

シロイチモジヨトウ

現在までの発生量は平年並~やや多い。

農業技術センターへ

病害虫発生予察情報一覧へ