ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農政部 > 農業技術センター > 令和4年度 病害虫発生予察情報 第12号(3月予報) 概要版

本文

令和4年度 病害虫発生予察情報 第12号(3月予報) 概要版

更新日:2023年3月7日 印刷ページ表示

気象の1か月予報(令和5年3月2日 気象庁発表)

  • 平年に比べ気温が高く、期間の前半はかなり高くなる見込みです。
  • 晴れの日が多く、平年に比べて日照時間は多く、降水量は少ない見込みです。

3月の病害虫予報 注目ポイント

イチゴ ハダニ類…発生量:並

現在までの発生量は平年並です。
今後、発生しやすい気象条件が続きます。
発生が多くなると防除が困難になるので、早期防除に努めてください。
天敵を導入している場合は、天敵に影響の少ない農薬を散布してください。

イチゴ アザミウマ類…発生量:並

現在までの発生量は平年並ですが、花への寄生が確認されているため注意が必要です。
今後、発生しやすい気象条件が続きます。
発生が多くなると防除が困難になるので、早期防除に努めてください。
天敵を導入している場合は、天敵に影響の少ない農薬を散布してください。

<イチゴ>春先のアザミウマ類の発生に注意をしてください

これからの時期は気温の上昇によりアザミウマ類の発生量が増え始め、3月以降は花への寄生が増加します。(●は今年度の数値です。)

現時点のイチゴのアザミウマ類の発生量は平年並ですが、花への寄生が確認されているためほ場をよく観察して少発生のうちに防除しましょう。

画像はアザミウマ発生推移グラフ

図 促成イチゴ(伊勢崎市2019-2020)のアザミウマ類の寄生花率の推移

​その他の病害虫

その他の病害虫の発生予報

作物名

病害虫名

発生量

特記事項

施設果菜類

アブラムシ類

現在までの発生量は平年並。

コナジラミ類

現在までの発生量は平年並。

灰色かび病

現在までの発生量は平年並。

うどんこ病

現在までの発生量は平年並。

キュウリ

べと病

現在までの発生量は平年並。

褐斑病

現在までの発生量は平年並。

農業技術センターへ

病害虫発生予察情報一覧へ