ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 感染症・がん疾病対策課 > 事業者等への拡大PCR検査について

本文

事業者等への拡大PCR検査について

掲載日:2022年11月17日 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の患者が発生した事業所について、保健所の案内により、対象者への拡大検査を実施します。

拡大検査の対象

  • 従業員等に新型コロナウイルス感染症の患者が発生し、感染拡大のおそれのある事業所等(前橋市・高崎市に所在のある事業所を除く)の従業員で、患者との接触状況等により感染の可能性があると判断された者(無症状者)
  • 症状のある方は、産業医やかかりつけ医等を受診してください。

【検査対象者候補の例】※厚生労働省令和3年6月4日付け事務連絡より
 いわゆる「三つの密(密閉、密集、密着)」となりやすい環境や、集団活動を行うなど濃厚接触が生じやすい環境、同一環境から複数の感染者が発生している事例において、

  • 感染者からの物理的な距離が近い(部屋が同一、座席が近いなど)者
  • 接触頻度が高い者
  • 寮などで感染者と食事の場や洗面浴室等の場を共有する生活を送っている者
  • 換気が不十分、三つの密、共有設備(食堂、休憩室、更衣室、喫煙室など)の感染対策が不十分などの環境で感染者と接触した者

検査の内容

PCR検査

事業実施期間

令和3年9月6日(月曜日)開始

事業実施の手順

※現在、検査数の増加により、スケジュールに遅延が出ております。下記のスケジュールどおりの実施が困難となる場合がありますので、御承知置きください。

  1. 「検査申込書(Excel)」に必要事項を記入し、提出先メールアドレスに送付してください。
    ※注意事項
    本拡大検査では、代表の1名へ全ての検査結果を伝達します。検査結果を受ける代表の方は、代理の結果伝達に了承いただけるかを、受検者一人ひとりに必ず確認してください
  2. 検査機関から、検体採取容器の送付・回収日程について、連絡担当者へ連絡があります。
  3. 検体採取容器の配布後、受検者がそれぞれ検体を採取し、事業所等で取りまとめて、検査機関からの回収日に提出してください。
    郵送による提出も可能です。※申込のない受検者の入れ替え等はしないでください。
  4. 検体の提出後、管轄保健所へ連絡してください。先に提出した申込者がもれなく検査したかどうかの報告をお願いします。
  5. 検体提出の1~3日後に、検査結果が判明します。検査の結果は、結果を受ける代表の方と、県に共有されます。
    代表の方から受検者への結果伝達をお願いします。
  6. 陽性が判明した方へは、保健所から改めて連絡いたしますので、お待ちください。

検査申込書

検査申込書(Excelファイル:14KB)

※住所はアパートの部屋番号など、最後まで記載してください。
※連絡先が受検者本人でない場合は、連絡先が誰かを記載してください。
※記入漏れがある場合、再提出となり、検査の実施が遅れる可能性があります。記入欄はもれなく記入してください。

送付先

下記メールアドレスに、検査申込書を添付し、送付してください。

メール件名:(事業所名)拡大PCR検査依頼書送付
メールアドレス:kakudai-gunma@pref.gunma.lg.jp

参考情報

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省)<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症まとめページへもどる