ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 地域創生部 > 文化財保護課 > 「史跡上野国分寺跡保存活用計画」(案)に関する意見募集結果の反映状況について

本文

「史跡上野国分寺跡保存活用計画」(案)に関する意見募集結果の反映状況について

掲載日:2019年2月26日 印刷ページ表示

平成31年2月26日
教育委員会文化財保護課

 県では、「史跡上野国分寺跡保存活用計画」(案)について、平成30年12月7日から平成31年1月7日までの1か月間(32日間)、郵便、ファクシミリ、電子メール、持参により、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
 その結果、いただいた御意見を踏まえ、次のとおり案を修正しました。

意見反映対照表
番号 該当項目 変更前 変更後
1 第2章第3節2歴史的環境 新規 渡来人からもたらされた土木や金属加工、馬の生産などの先進技術を積極的に導入し、地域経営を進めた豪族の墓である古墳が多く造られ、群馬県は全国屈指の古墳県として知られる。
2 第2章第3節3(2)史跡周辺の主な文化・観光施設 新規 高崎市国府公民館(高崎市引間町)史跡地の南西130メートル程に所在。上野国分寺まつりの拠点であり、歴史講演会の会場ともなる。通常は地域住民が集い、楽しみ、学ぶ「場」として、「人づくり・地域づくり」を目指した事業を展開している。
3 第7章第2節2(1)体験活動・イベント 新規 ガイダンス施設内で子どもたちが取り組める体験活動を検討する。

県民意見提出制度(パブリック・コメント)へ戻る