ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 知事から県民の皆さまへ

本文

知事から県民の皆さまへ

更新日:2023年1月27日 印刷ページ表示

知事メッセージ(1月27日(金曜日)現在)

 昨日、「第101回新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催し、全県において、県のガイドラインに基づく警戒レベル「2」を継続することといたしました。期間は、1月28日(土)から2月10日(金)までとします。

 感染状況はピークを越え、減少傾向になっています。病床使用率も40%台まで下がってきましたが、医療提供体制への負荷はまだまだ高いものと認識しています。

 こうしたことを総合的に判断し、現状の警戒レベル「2」を継続することとしました。

 県民の皆さまにおかれましては、引き続き、基本的な感染防止対策をお願いいたします。特に、まだオミクロン株対応ワクチンの接種を受けていない人は早めに接種いただきますようお願いします。

 

警戒レベル2スライド※1月28日以降

知事記者会見はこちら

詳細は、「社会経済活動再開に向けたガイドラインに基づく要請内容」をご確認ください。

県民のみなさまへの要請

  • 「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いによる手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策の徹底をお願いします。特に、場面に応じたマスクの着脱、換気の実施をお願いします。
  • 大人数・長時間での会食、飲み会は感染リスクが高まることから、開催については慎重に判断してください。
  • 発熱や咳、喉の痛みなど、少しでも体調が悪い場合は外出を控え、かかりつけ医に電話で相談するか、「県受診・相談コールセンター」までお問い合わせください。

事業者等のみなさまへの要請

  • 引き続き、業界ごとの感染防止ガイドラインを遵守いただくとともに、「ストップコロナ!対策認定制度」への申請をご検討ください。
  • テレワークやローテーション勤務、時差通勤、オンライン会議の開催など、人との接触を減らすための取組を強く推奨します。
  • 高齢者施設や病院等での直接面会の際は、従事者を含めて適切な感染防止対策をとり、長時間とならないようにするなど十分注意してください。また、従事者への適切な感染防止対策の徹底をお願いします。

県立学校について

  • 学習活動については、感染防止対策を徹底した上で、通常登校とします。生徒または教職員の感染が確認された場合には、必要な範囲で学級閉鎖や臨時休校等を検討するなど、児童・生徒の安全を第一に対応を行います。
  • 部活動については、感染防止対策を徹底した上で、通常の活動を実施することとします。対外試合等他校との交流、宿泊を伴う活動についても可能とします。

ワクチン接種について

 新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすためワクチン接種を実施しています。また、ワクチンは、接種後の時間の経過とともに、その効果が低下することが分かっています。中和抗体価を高めて重症化予防等のワクチンの効果を十分得るために、追加接種が必要となります。

 特に、この冬は季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されており、本県でも徐々にインフルエンザ患者が増えています。新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンそれぞれの接種をぜひご検討ください。

(1)12歳以上の方向けオミクロン株対応ワクチン

  2回接種を終えた12歳以上の人で、最後の接種から3か月以上経過した人が対象です。

​(2)子ども向けワクチン

  • 小児(5歳から11歳)

  1・2回目接種は、1回目のワクチン接種後、通常3週間をあけて2回目を受けます。3回目接種は、2回目のワクチン接種後、5か月あけて受けます。

  • 乳幼児(6か月から4歳)

  1回目接種後、通常3週間あけて2回目を受け、2回目接種後、8週間あけて3回目を受けます。

ワクチンに関する情報はこちら
新型コロナワクチン接種全般について
定期のインフルエンザワクチン接種について

新型コロナウイルス感染症まとめページへ戻る


よくある質問(Q&A)
新型コロナウイルス感染症に関する動画
関連情報・ホームぺージ等
新型コロナウイルス感染症関連情報