ページの先頭です。
現在の位置 議会トップページ > 委員長報告 > 平成23年 > ググっとぐんま観光推進特別委員会(平成23年)

本文

ググっとぐんま観光推進特別委員会(平成23年)

ググっとぐんま観光推進特別委員会 委員長 小野里光敏

小野里光敏委員長の画像
小野里光敏委員長

 ググっとぐんま観光推進特別委員会に付託されました議案の審査経過と結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました第1号議案「平成23年度群馬県一般会計予算」については、ググっとぐんま観光宣伝推進協議会の市町村負担金における各市町村の負担金額とその算出根拠について質疑されるとともに、負担金に対する市町村の理解と納得の必要性について質されました。

 次に、第11号議案「平成23年度群馬県中小企業振興資金特別会計予算」における群馬デスティネーションキャンペーン支援資金については、平成22年度の実績が質された後、平成23年度の融資枠決定に至った経緯について質疑され、臨機応変に弾力的な対応を望む意見が述べられました。

 以上の質疑の後、採決した結果、本委員会に付託された議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、このほか、委員会の付議事件について、各般の議論が交わされましたので、以下、その主な項目について申し上げます。

  • 農業と観光の連携について
  • 群馬DCの理念及び観光振興の概念について
  • 「上毛かるた」を活用したガイドマップの作成状況等について
  • 群馬DCに関する数値目標の設定方法について
  • グリーン・ツーリズムに関するPRの状況について
  • 民間企業と連携した県外へのPRについて
  • アフターDCも踏まえた自然史博物館の年末年始の開館について
  • 観光資源、特産品と「群馬」をつなげたブランド力アップについて
  • 観光地におけるバリアフリー化について
  • 東北新幹線やスカイツリーに対抗するためのPR方法について
  • 「山ガール」など流行に対応したPR方法について
  • 北関東3県の文化交流における県有施設無料招待券の相互交換について

 これらの事項につきましても、活発な議論が交わされました。

 さらに、本定例会中の2月28日に開催された委員会において、今定例会をもって、本委員会における付議事件の審査を終了するとともに、知事あてに提言を提出することを確認し、3月7日の委員会で、これまでの議論、要望、及び本会議での質疑内容を踏まえた「群馬デスティネーションキャンペーンについての提言」について協議を行い、全会一致をもって決定いたしました。

 また、委員会報告書については、協議を行い、かつ、3月7日の質疑内容の追加を正副委員長に一任いただき、議長あてに提出いたしました。

 以上申し上げて、委員長報告といたします。


現在の位置 議会トップページ > 委員長報告 > 平成23年 > ググっとぐんま観光推進特別委員会(平成23年)