ページの先頭です。
現在の位置 議会トップページ > 委員長報告 > 平成23年 > 文教警察常任委員会(平成23年)

本文

文教警察常任委員会(平成23年)

文教警察常任委員会 委員長 織田沢俊幸
織田沢俊幸委員長の画像
織田沢俊幸委員長

 文教警察常任委員会に付託された案件の審査経過と結果について、ご報告申し上げます。
 第1号議案「平成23年度群馬県一般会計予算」の教育委員会関係でありますが、はじめに、生涯学習センターの予算が前年度に比べて大幅に増加する理由が質されたほか、教職員数の増加が見込まれる中、職員福利厚生費が前年度に比べて減少する理由について質疑されました。
 次に、特別支援教育において、新年度に強化される点や、通級指導教室の増加見込みについて質疑されました。
 また、特別支援学校におけるスクールバスの配置について、現在の配置状況や今後の方針が質され、市立特別支援学校の県立移管を見据えて、今後も計画的に対応していくよう要望されました。
 さらに、本県の特別支援学校における医療的ケアについて、医療施設や医師との連携の状況及び今後の方向性に関する質疑が行われました。
 次に、高校教育における高大連携プロジェクトについて、事業の目的や進め方、生徒や保護者にとってのメリットについて質疑されました。
 また、関連して鳥獣被害対策の分野で、県立農林大学校と日本獣医生命科学大学との連携が進められていることを踏まえて、農業高校の高大連携を推進するよう要望されました。
 次に、ぐんま天文台及びぐんま昆虫の森について、入館者数の推移が質されたほか、台長及び園長に専門家を充てる必要性について質疑されました。
 また、誘客を図るため、イベント会社をはじめとする民間企業等との連携や、これらの施設での体験学習が教育の一環としても有効なことから、更なる学校利用の促進について検討するよう要望されました。
 次に、スポーツ競技力向上対策について、国体等における本県の成績を踏まえ、競技力向上のため、2億円の選手強化費を増額する必要性について質議されました。
 次に、県立図書館の資料購入費が年々減少する中、県立図書館の意義や位置付け、目指すべき方向性に関する当局の見解が求められました。
 次に、「児童生徒の心のケアシステム推進事業」について、スクールカウンセラーの配置人数や配置方法が質されるとともに、スクールカウンセラーの全小学校配置を早期に実現するよう要望されました。
 続いて、警察関係でありますが、伊勢崎警察署の移転新築整備に伴う、旧庁舎の解体工事の概要について質疑が行われました。
 次に、第32議案「群馬県公立学校職員の給与に関する条例及び群馬県義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例の一部を改正する条例」について、これは、副校長職の設置に伴う条例改正でありますが、副校長を任命する際の基準や配置する学校数、副校長職と教頭職との関係について質疑されました。
 次に、第52号議案「平成22年度群馬県一般会計補正予算」についてでありますが、はじめに、教育委員会関係では、前橋高等養護学校伊勢崎分校の改修工事の内容について質疑されました。
 続いて、警察関係では、伊勢崎警察署新築工事について、工事費が減額された理由について質されたほか、ストーカーや配偶者からの暴力対策経費の内容について質疑が行われました。

 以上の質疑を踏まえ、付託議案について採決した結果、本委員会に付託された各議案は、全会一致をもって、原案のとおり可決・承認すべきものと決定いたしました。
 引き続き行いました請願の審査結果につきましては、お手元に配付の報告書のとおりでございます。

 なお、議案に対する質疑の他にも、委員会の所管事項について、各般の議論が行われましたので、以下、その主な項目について申し上げます。

 まず、教育委員会関係でございますが、

  • スポーツ振興センターの職員配置について
  • 県立施設と地域との連携による相乗効果について
  • 「学級がうまく機能しない状況」に関する調査について
  • ぐんまの子どもの基礎・基本習得状況調査について
  • 県立高校の再編整備における小規模校の取扱いについて
  • 教員の研修システムについて
  • 高校生の就職支援について
  • 市立特別支援学校の県立移管について
  • 武道の必修化について

 続いて、警察本部関係でございますが、

  • 検死業務の強化について
  • 振り込め詐欺の現状と対策について
  • 女性警察官について
  • 高崎警察署の再編整備について
  • 少年柔道剣道教室について

 これらの事項につきましても、活発な議論が行われました。
 以上、申し上げて委員長報告といたします。


現在の位置 議会トップページ > 委員長報告 > 平成23年 > 文教警察常任委員会(平成23年)