ページの先頭です。

本文

平成24年2月定例会のあらまし

2月定例会が2月20日から3月19日まで29日間にわたって開催されました。

議案

 知事から、総合計画「はばたけ群馬プラン」を積極的に推進し、3つの基本目標「人づくり」「安全で安心できる暮らしづくり」「産業活力の向上・社会基盤づくり」に取り組む6,653億8,800万円の一般会計当初予算案(群馬・元気増進予算)、総額84億円余りの減額を行う23年度補正予算案、群馬県文化基本条例案など計99議案が提出されました。

質疑及び一般質問

 17人の議員による質疑及び一般質問が行われ、県政について活発な議論が交わされました。

常任委員会・特別委員会

 各常任委員会、各特別委員会が開催され、平成23年度関係及び24年度関係の付託議案や所管する事項等について審査・調査しました。

議決

 閉会日には、常任委員会・特別委員会の審査結果等について委員長から報告が行われた後、各議案及び請願について討論と採決が行われました。
 知事から提出のありました99議案は、すべて可決・承認・同意されました。
 また、委員会から、群馬県議会基本条例案、議員報酬の減額措置を延長する条例案、11件の意見書など計14議案が提出され、議会基本条例については活発な質疑が行われ、すべて原案のとおり可決されました。
 また、雇用対策特別委員会からは「群馬県の雇用対策促進に関する提言」エネルギー対策特別委員会からは「エネルギー対策についての提言」が提出されました。

傍聴者数

 本会議の傍聴者は1,169人、委員会の傍聴者は20人でした。