本文へ
表示モードの切替
印刷

ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業による肝炎検査費用の助成について

 ウイルス性のB型肝炎およびC型肝炎は、早期に発見し適切な治療等を行えば、肝硬変や肝がんなどの重篤な病態への進行を防ぐことが可能です。しかし、これらの疾患は自覚症状がほとんどないため、気付かないうちに重症化させてしまう場合があります。県では、肝炎ウイルス陽性者の早期発見と、相談やフォローアップによる早期治療を促し、ウイルス性肝炎患者等の重症化予防を図ることを目的に、標記の助成を行います。

初回精密検査費用の助成

 保健福祉事務所や保健所、県から委託を受けた医療機関で実施する肝炎ウイルス検査や、市町村で実施する定期検査により陽性と判定された方に対し、初回の医療機関での精密検査の費用を助成します。

対象者

 群馬県内に住所を有する方で、以下のすべての用件に該当する方が対象です。

  1. 医療保険各法(後期高齢者を含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  2. 保健福祉事務所・保健所・市町村・県から委託を受けた医療機関が実施する肝炎ウイルス検査(検診)において陽性と判定された者(助成は陽性と判定された日から1年以内です。)
  3. 保健福祉事務所・保健所・市町村が実施するフォローアップ事業の参加に同意した者

助成回数

 1回

申請方法

 申請者は、下記の1.請求書に2から5の書類を添付して、下記記載の保健福祉事務所・保健所へ提出してください。

  1. 肝炎検査費用請求書(初回精密検査)(指定様式)
  2. 助成対象となる検査に係る医療機関発行の領収書及び診療明細書
  3. 肝炎ウイルス検査の結果通知書の写し
  4. フォローアップ事業参加同意書(指定様式)の写し
  5. 預金通帳の口座番号のわかるページの写し

助成対象となる検査項目

 初診料(再診料)、ウイルス疾患指導料及び下記の検査に関連する費用として、県が認めた費用が助成の対象となります。ただし、医師が真に必要と判断したものに限ります。

  • 血液形態・機能検査(末梢血液一般検査、末梢血液像)
  • 出血・凝固検査(プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間)
  • 血液化学検査(総ビリルビン、直接ビリルビン、総蛋白、アルブミン、ALP、ChE、γ-GT、総コレステロール、AST、ALT、LD)
  • 腫瘍マーカー(AFP、AFP-L3%、PIVKA-2.半定量、PIVKA-2.定量)
  • 肝炎ウイルス関連検査(HBe抗原、HBe抗体、HBVジェノタイプ判定、HCV血清群別判定)
  • 微生物核酸同定・定量検査(HBV核酸定量、HCV核酸定量)
  • 超音波検査(断層撮影法(胸腹部))

定期検査費用の助成

 医療機関において下記の条件を満たす方を対象に、年2回を限度に肝炎等にかかる定期検査費用(治療費は除く)の費用を助成します。

対象者

 群馬県内に住所を有する方で、以下のすべての用件に該当する方が対象です。

  1. 住民税非課税世帯又は世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する者
  2. 肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者(治療後の経過観察を含む)
  3. 医療保険各法(後期高齢者を含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  4. 保健福祉事務所又は市町村が実施するフォローアップ事業の参加に同意した者
  5. 定期検査受診時に群馬県肝炎治療費等助成事業(インターフェロン等の治療費助成)の受給者証の交付を受けていない者

助成回数

 年2回(年度内)

申請方法

 申請者は、下記の1.請求書に2から7の書類を添付して、下記記載の保健福祉事務所・保健所へ提出してください。

  1. 肝炎検査費用請求書(定期検査)(指定様式)
  2. 助成対象となる検査に係る医療機関発行の領収書及び診療明細書
  3. 本人及び本人と同一世帯に属する全員の記載のある住民票の写し(個人番号の記載のない住民票の写しに限る。)
  4. 世帯全員の住民税課税証明書又は住民税非課税証明書
  5. 定期検査費用の助成に係る医師の診断書(指定様式)
  6. フォローアップ事業参加同意書(指定様式)の写し
  7. 預金通帳の口座番号のわかるページの写し

注:個人番号利用事務の情報連携により、必要な項目が確認できた場合は、3及び4を省略することができます。
 詳しくは肝炎業務に関する個人番号(マイナンバー)利用事務についてを参照してください。
 また、1年以内に肝炎治療特別促進事業の申請において医師の診断書を提出した場合、5を省略することができます。

助成対象となる検査項目

 初診料(再診料)、ウイルス疾患指導料及び下記の検査に関連する費用として、県が認めた費用が助成の対象となります。ただし、医師が真に必要と判断したものに限ります。

  • 血液形態・機能検査(末梢血液一般検査、末梢血液像)
  • 出血・凝固検査(プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間)
  • 血液化学検査(総ビリルビン、直接ビリルビン、総蛋白、アルブミン、ALP、ChE、γ-GT、総コレステロール、AST、ALT、LD)
  • 腫瘍マーカー(AFP、AFP-L3%、PIVKA-2.半定量、PIVKA-2.定量)
  • 肝炎ウイルス関連検査(HBe抗原、HBe抗体、HBVジェノタイプ判定、HCV血清群別判定)
  • 微生物核酸同定・定量検査(HBV核酸定量、HCV核酸定量)
  • 超音波検査(断層撮影法(胸腹部))
  • 超音波検査に代えてCT撮影又はMRI撮影(肝硬変又は肝がん)

自己負担限度額(1回につき)

自己負担限度額(1回につき)一覧
区分 慢性肝炎 肝硬変
肝がん
市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する者(注) 2,000円 3,000円
住民税非課税世帯に属する者 0円 0円

(注)一定の条件を満たす方は、合算額から除外することができます。詳しくは窓口でご確認ください。

リーフレット・実施要領

お問い合わせ先

 助成についてののご質問・ご相談は、下記保健福祉事務所・保健所で受け付けています。助成制度を申請する前に、まずは説明を十分お聞きになってください。

お問い合わせ先一覧
名称 住所 電話番号 名称 住所 電話番号
渋川保健福祉事務所 渋川市金井394 0279-22-4166 利根沼田保健福祉事務所 沼田市薄根町4412 0278-23-2185
伊勢崎保健福祉事務所 伊勢崎市下植木町499 0270-25-5066 太田保健福祉事務所 太田市西本町41-34 0276-31-8243
安中保健福祉事務所 安中市高別当336-8 027-381-0345 桐生保健福祉事務所 桐生市相生町2-351 0277-53-4131
藤岡保健福祉事務所 藤岡市下戸塚2-5 0274-22-1420 館林保健福祉事務所 館林市大街道1-2-25 0276-72-3230
富岡保健福祉事務所 富岡市田島343-1 0274-62-1541 前橋市保健所 前橋市朝日町3-36-17 027-220-5784
吾妻保健福祉事務所 中之条町西中之条183-1 0279-75-3303 高崎市保健所 高崎市高松町5-28 027-381-6112

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2608
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。