本文へ
表示モードの切替
印刷

競争入札参加資格審査における「個人住民税の特別徴収実施にかかる格付点数の加点」制度の廃止について

【個人住民税の特別徴収実施にかかる格付点数の加点制度は廃止になりました】

 平成23年度から県が実施する「物品役務」及び「建設工事」に係る競争入札参加資格審査の格付基準において、個人住民税の特別徴収の実施による格付点数の加点制度を導入してきましたが、平成29年度より個人住民税の給与からの特別徴収の実施を徹底したことから、平成30・31年度の競争入札参加資格審査より、個人住民税の特別徴収の実施による格付点数の加点制度を廃止することといたしました。
 県が実施する「物品役務」及び「建設工事」に係る平成30・31年度の競争入札参加資格審査より、特別徴収の実施による格付点数の加点はありません。

【個人住民税の給与からの特別徴収実施の徹底について】

 「県内全市町村での個人住民税の給与からの特別徴収実施の徹底について」 をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

総務部税務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2196
FAX 027-221-8096
E-mail zeimuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。