本文へ
表示モードの切替
印刷

環境にやさしい買い物スタイル

環境にやさしい買い物スタイルとは?

 環境にやさしい買い物スタイルとは、環境への負荷をできるだけ少なくすることを考えて買い物をすることです。
地球温暖化防止のための低炭素社会や資源を有効に活用した循環型社会を構築するためには、一人ひとりが環境にやさしい買い物スタイルを実践することが求められています。
具体的には、次のような取組が挙げられます。

  • 買い物の際はマイバッグ・マイバスケットを持参する。
  • ペットボトル、食品トレイなどの店頭回収を利用する。
  • 簡易な包装の商品を選ぶ。
  • 詰め替え商品やリサイクルされた商品を選ぶ。
  • 必要なものを必要なだけ購入する。
  • 生産地の近い食材を選ぶ。 など

環境にやさしい買い物スタイル普及促進協議会

 群馬県では、消費者団体・事業者・行政(県及び全市町村)で組織する群馬県環境にやさしい買い物スタイル普及促進協議会を組織し、レジ袋の削減・容器などの店頭回収の推進を中心として、低炭素・循環型社会の構築を目指しており、一緒に活動する店舗を支援しています。
 また、レジ等でレジ袋の配布を断ることによってキャッシュバックやポイントを付与してくれる協力店舗もありますので非常にお得です。
 環境に関心の高い消費者になって、環境にやさしいお店を選択しましょう。

協議会の取組1【レジ袋削減の啓発活動】

 レジ袋は群馬県全体で年間約5.3億枚(注)、原油換算にして6.4千キロリットル(注)を使用し、二酸化炭素換算にして2万6千トン(注)も排出しており、削減が求められています。
 買い物の際のちょっとした心がけで、マイバッグ・マイバスケットを持参し、レジ袋の無料配布を断ることは、ゴミ削減だけでなく省エネ・省資源につながります。(注:数値はいずれも群馬県推計)

 協議会ではレジ袋の削減を推進するため、協力店の店頭などで、マイバッグ・マイバスケットの持参やレジ袋の削減を呼びかける啓発活動を行っています。
 皆さんも、買い物に行く際にはレジ袋の削減にご協力をお願いします。

群馬県環境情報サイトECOぐんま「レジの袋削減啓発」ページへ(外部リンク)

協議会の取組2【容器などの店頭回収の推進:買ったお店でリサイクル!】

 食品や飲料が入っていたペットボトルや食品トレーなどは、汚れを落として回収すればリサイクルされて新たな製品となります。市町村が行っている資源の分別回収以外にも、食品スーパーなどがその店頭で容器などを回収していることをご存じでしょうか。

 協議会では、こうした取組を行っている店舗を応援しています。「買ったお店でリサイクル」を合い言葉に、皆さんも容器などの店頭回収を積極的に活用しましょう。

 店頭回収を行っているお店、回収品目は下記のサイトをご覧ください。

群馬県環境情報サイトECOぐんま「買ったお店でリサイクル」ページへ(外部リンク)

 なお、回収の際には容器を軽く洗うなど、店舗ごとの回収ルールを守っていただくようお願いいたします。

環境にやさしい買い物スタイル協力店の募集について

 レジ袋の削減や、容器などの店頭回収、簡易包装の励行など、環境にやさしい買い物スタイル普及促進の取組に協力する店舗を募集します。
 申込みについては、「環境にやさしい買い物スタイル協力店申込書」を事務局までご提出ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2821
FAX 027-243-7702
E-mail kanseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。