本文へ
表示モードの切替
印刷

こどもエコクラブに入ろう!

こどもエコクラブってなあに?

 こどもエコクラブは、幼児から高校生までなら誰でも参加できる全国組織の環境活動のクラブです。子どもたちの環境保全活動や環境学習を支援することにより、子どもたちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、環境問題解決に自ら考え行動する力を育成し、地域の環境保全活動の環を広げることを目的としています。
 全国で1,828のクラブがあり、約10万人のこどもたちがそれぞれの地域で自主的な環境活動に取り組んでいます。(平成30年1月現在)

エコまるとぐんまちゃんの写真
こどもエコクラブイメージキャラクター「エコまる」とぐんまちゃんが仲良くパチリ

どんなことをするの?

 こどもたちの興味や関心に基づいて、自然観察やリサイクル活動など、地域の中で身近にできる地球にやさしい活動を自由に取り組みます。
 主な活動内容は次の3つになります。

  1. 「エコロジカルあくしょん」:各クラブが自主的に行う活動で、メンバーの興味や関心に基づいて、自然観察やリサイクル活動、地球温暖化を防ぐ活動など、地域の中で身近にできる地球にやさしい活動を自由に取り組みます。
  2. 「エコロジカルとれーにんぐ」:こどもエコクラブホームページなどで紹介されるプログラムに参加し、各クラブで取り組みます。
  3. 「群馬県こどもエコクラブの企画」:夏の「学習会(おもしろ体験してみ隊)」や冬の「交流会」に参加(自由参加)し、体験したり知識や交流を深めたりします。なお、1年間の各クラブの活動などを報告すると「こどもエコクラブ活動事例集」に各クラブの活動が掲載されます。

平成29年度交流会

 平成30年1月13日(土)前橋市児童文化センターで交流会が行われました。交流会前半は、県内こどもエコクラブと前橋市立城南小学校緑の少年団による活動発表がありました。
 後半は、壁新聞などのブース展示に加え、「科学工作教室」では風力発電機を作成して参加者全員が持ち帰ることができました。

29年度活動発表の様子写真
一年間頑張りました!
壁新聞の説明をしている様子写真
各エコクラブ代表者が壁新聞を説明します。
科学工作の様子写真
全員が風力発電機をつくることができました!

平成29年度学習会

 平成29年8月26日(土)桐生自然観察の森で行いました。自然観察の森の職員の指導の下、ガイドハイクと散策を行いました。たくさんの自然とふれ合い、たくさんの友達にであえた自然観察会でした。

ガイドハイクの様子写真
ネイチャーゲーム、水生物調査、昆虫マップづくり
自然観察・散策を終えた時の集合写真
たくさんのお友達ができました!!

平成28年度交流会

 平成28年度交流会が平成29年1月14日(土)前橋市児童文化センターで行われました。交流会前半は、県内こどもエコクラブと群馬大学教育学部附属特別支援学校緑の少年団による活動発表がありました。後半は、壁新聞ブース展示に加え、科学工作教室としてペットボトル晴雨予報計を作成し、全員が持ち帰りました。

28年度活動発表の様子写真
一年間頑張りました!
科学工作の様子写真
全員が晴雨予報計をつくりました

平成28年度学習会

 学習会は、平成28年8月27日(土)は、午前中ぐんま天文台で天体観測をおこない、午後は北毛青少年自然の家を会場に自然観察・ネイチャーゲームを行いました。自然の中での楽しい体験をして沢山のお友達とすごしました。

天体説明を受けている様子写真
天体説明を受けている様子
集合写真
沢山のお友達と自然観察

メンバーになるには?

 仲間(メンバー1人からでも登録できます)と、活動を支える大人(サポーター)をこどもエコクラブ全国事務局または、群馬県こどもエコクラブ事務局や市町村の担当窓口に登録用紙を提出します。登録・年会費は無料です。
 登録用紙は、群馬県のこどもエコクラブ事務局や、市町村の環境担当窓口にあります。こどもエコクラブ全国事務局(外部リンク)からもダウンロードできます。

メンバーになると

全国事務局から

活動に役立つ環境記録シート(エコログ)やニュースレターなどが送られてきます。また、代表サポーターには応援マニュアルが届きます。登録したメンバー、サポーターは自動的に「賠償責任保険」の対象となります。

群馬県事務局から

群馬県こどもエコクラブが企画する行事の案内や群馬県内のこどもエコクラブの様子をまとめた活動事例集が届きます。また、代表サポーターにはサポーターズニュースが届きます。

どんなエコクラブがあるの?

 メンバーとサポーターの組み合わせには、いろいろなかたちがあります。その中のいくつかのかたちを紹介します。

(1)家族クラブ

 メンバーは、お子さん、サポーターがお父さんお母さんなどという形式のクラブです。活動場所は、生活の中全部です。「これはエコ活動かな?」というものをどんどん進めていくことができます。メンバー、サポーターともたくさん活躍できます。

(2)地域活動のクラブ

 自分の住んでいる地域でエコに関心のある子ども達が集まってできたクラブです。サポーターも地域でエコ活動に関心のある方が面倒見てくれています。地域の特徴や良さを活かした活動ができます。さらには、地域の行事にもエコクラブとして参加しているクラブもあります。みんなで集まって相談しながらエコ活動を進めていくことができます。

(3)公民館・児童館のクラブ

 地域にある公民館や児童館の環境活動の1つとしてできているクラブです。年間の計画に沿ってにエコ活動を楽しんでいくことができます。また、放課後や休みの日をエコクラブ活動として有意義に過ごしていけるのも強みです。

(4)学校クラブ

 学校としてエコクラブに登録する形式です。普段の委員会活動、クラブ活動など環境に関するもの全て当てはまります。平日に学校で行っている活動そのものがエコクラブ活動です。群馬県でも9校の学校がエコクラブとして活動しています。

エコクラブの登録について、もっと詳しく知りたい場合はページ下部の問い合わせ先まで御連絡ください。

群馬県のエコクラブは頑張っています

 エコクラブ全国事務局にも、どんどん活動報告をしてみましょう。エコクラブ全国事務局のホームページで紹介された群馬県関係の記事を一覧にまとめたので、活動の参考にしてください。
 群馬県のエコクラブ登録団体の一覧は「群馬県環境情報サイトECOぐんまホームページ」(外部リンク)から見ることができます。

活動名(活動内容)/活動クラブ名

 アースエコ ・大泉町北児童館ひまわりエコクラブ・グリーンマン ・高崎北小エコクラブ 地球防衛隊

リンク集

 こどもエコクラブの仕組みや登録方法についてもっと詳しく知りたい時は、こどもエコクラブ全国事務局のホームページを御覧ください。下のバナーボタンをクリックすると見られます。

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2821
FAX 027-243-7702
E-mail kanseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。