トップページ > 防災・消費者・食品 > 防災 > 防災に関するお知らせ > 【浅間山情報】浅間山でごく小規模の噴火が観測されました(平成27年6月19日)

【浅間山情報】浅間山でごく小規模の噴火が観測されました(平成27年6月19日)

気象庁発表の情報にご留意ください。

噴火に関する火山観測報(気象庁:外部リンク)

火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)(気象庁:外部リンク)

火山活動の状況

  • 浅間山では、本日(19日)、山頂火口でごく小規模な噴火が発生したもようです。
  • 噴煙の状況は視界不良のため不明です。
  • 浅間山では、4月下旬頃から山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震が多い状態が続いています。
  • 6月16日にもごく小規模な噴火が発生しています。
     

防災上の警戒事項等

  • 山頂火口から2キロメートルの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要です。
  • 登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
  • 風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石に注意してください。

群馬県内の道路・観光施設・温泉等について

  • 噴火を受けて、県管理の以下の道路についてパトロールを実施した結果、異常はありませんでした。(道路管理課)

     国道146号、国道18号(旧道)、長野原倉渕線、北軽井沢松井田線、大笹北軽井沢線

  • 浅間山の噴火警戒レベルの引き上げに伴う通行規制はありません。(道路管理課)
  • 群馬県内の観光施設・温泉等は、通常どおりご利用いただけます。(観光物産課)

現在の噴火警戒レベル

現在、浅間山の噴火警戒レベルは『2』で、山頂火口から概ね2キロメートル以内は立ち入り禁止となっていますのでご注意ください。

噴火警戒レベル『2』(火口周辺規制)についての説明
火山の状態及び想定される現象等 住民行動及び登山者・入山者への対応
火山活動が高まっていると考えられ、今後火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があります。 火口から概ね2キロメートル以内立ち入り禁止。登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には入らないでください。

国土交通省利根川水系砂防事務所の浅間山カメラの写真

浅間山情報(平成27年6月11日現在)

気象庁は浅間山の噴火警戒レベルを、レベル1からレベル2(火口周辺規制)へ引き上げました。


浅間山の噴火警戒レベルについて

  平成27年6月11日、気象庁は浅間山の噴火警戒レベルをレベル1からレベル2(火口周辺規制)へ引き上げました。

浅間山の噴火警戒レベル(平成27年6月11日現在)

名称

略称

対象範囲

噴火警戒レベル(キーワード)

火山活動の状況

防災対応

噴火警報(居住地域)

噴火警報

居住地域及びそれより火口側

レベル5
(避難)

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態

居住地域避難等

レベル4

(避難準備)

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想

居住地域避難準備(自主避難、災害時要援護者避難あり)

噴火警報(火口周辺)

火口周辺警報

火口から居住地域近くまでの広い範囲の火口周辺

レベル3

(入山規制)

居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生すると予想

防災対応の範囲を拡大(4kmを超える範囲で注意喚起、一時規制等)

登山禁止(火口から4km以内規制)

火口から少し離れた所までの火口周辺

レベル2

(火口周辺規制)

火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生すると予想

火口周辺立入禁止(火口から2km以内規制)

噴火予報

 

火口内等

レベル1

(活火山であることに留意)

火山は静穏。火山活動状態によって、火口内で火山灰の噴出等が見られる 火口付近立入禁止(火口から500メートル以内規制)(火山活動の状況により緩和も検討)

このページについてのお問い合わせ

総務部危機管理室
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2255
FAX 027-221-0158
kikikanri@pref.gunma.lg.jp