本文へ
表示モードの切替
印刷

館林保健福祉事務所

館林保健福祉事務所の外観写真
  • 管轄区域
    館林市、邑楽郡(板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町)
  • 業務時間
     午前8時30分~午後5時15分
     ※ 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は、業務を行っておりません。
  • 館林保健福祉事務所周辺地図

新着情報

  1. 東部保健福祉事務所が所管していた次の業務が館林保健福祉事務所(館林市大街道一丁目2-25)へ移管され、それに伴い東部保健福祉事務所の名称が「太田保健福祉事務所」に変わりました。
     移管する主な業務 所管区域
    (1)助産施設、母子生活支援施設への入所事務等 邑楽郡
    (2)介護保険事業者指定申請・変更届等 館林市、邑楽郡
    (3)特別障害者手当、障害児福祉手当 邑楽郡
     *支給申請窓口は、従来どおり町村役場
  2. 中部福祉事務所、富岡保健福祉事務所、東部保健福祉事務所で実施していた社会福祉施設等への監査指導業務が次のとおり県庁に集約されました。
     (1)介護保険事業所、障害福祉サービス事業所等…健康福祉部監査指導課
     (2)保育所等…こども未来部こども政策課
    問い合わせ先
     県庁健康福祉課 (電話 027-226-2511)
     太田保健福祉事務所 (電話 0276-31-8241)
     館林保健福祉事務所 (電話 0276-72-3230)

ノロウイルス感染症の注意喚起

館林保健福祉事務所では、平成30年1月11日に施設等における患者発生状況報告票を受け付けました。
ノロウイルスは、感染性胃腸炎や食中毒の原因になります。下記のような症状がある方は、速やかに受診していただきますようお願いいたします。

( 症状 )

主な症状は吐き気、おう吐、下痢および腹痛で、子供から高齢者まで全年齢で発症します。潜伏期間は12~48時間です。
 特に、嘔吐は突然、急激に強くおこることが特徴です。乳幼児や高齢者ではおう吐が、成人では下痢が強くあらわれます。
 通常、症状は1~2日続いた後に治癒しますが、時に脱水やおう吐物を喉につまらせることによる窒息など、重度の健康被害に陥る場合があります。
 症状がある場合は、医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。
また、施設内の集団発生や食中毒などが疑われる場合は、保健福祉事務所に連絡してください。

インフルエンザの注意喚起

群馬県では、平成30年1月5日にインフルエンザ注意報が発令されております。
館林保健福祉事務所管内でも、インフルエンザが発生しています。
下記のような症状のある方は、速やかに受診していただきますようお願いいたします。

(厚生労働省ホームページ改変)
インフルエンザは、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では、肺炎を伴う等、重症になることがあります。

注目情報

組織

地域支援第1係地域支援第2係
保健係衛生係

リンク

このページについてのお問い合わせ

館林保健福祉事務所
〒374-0066 館林市大街道一丁目2-25
電話 0276-72-3230
FAX 0276-72-4628
E-mail tatehofuku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。