本文へ
表示モードの切替
印刷

平成26年 観光客数・消費額調査(推計)結果

 平成26年の観光入込客数は、6,181万人(前年比30万人増、+0.5%)となり、同じく観光消費額は、1,844億円(前年比10億円減、-0.6%)となった。
 平成26年は、2月の記録的な豪雪により冬の入込客数が大きく落ち込み、さらに4月の消費税増税による影響もあったが、同4月のイコモスによる世界遺産登録の勧告以降、増加しはじめ、「富岡製糸場と絹産業遺産群」への入場者を中心に、入込客が前年に比べ大きく増加した。
 秋には10月から12月にかけて開催した「ググっとぐんま観光キャンペーン」の効果も加わり、10・11月には、前年を上回る入り込みとなった。その結果、年間でも前年を上回る入込数となった。

1.観光入込客数について

【主な増減要因】


  • 富岡市では、「富岡製糸場」の世界遺産登録により、923千人増加したほか、長野原町では、「道の駅八ッ場ふるさと館」の盛況等により324千人増加した。
  • 一方、中之条町では隔年開催である「中之条ビエンナーレ」が不開催の年であったこ と等から396千人減少した。

観光入込客数について
暦年 観光入込客数 増減 伸び率 内訳 宿泊旅行統計宿泊者数(※注)
日帰り 宿泊
平成26年 6,181万人 +30万人 +0.5% 5,427万人 753万人 859万人
平成25年 6,151万人 +137万人 +2.3% 5,393万人 757万人 914万人

(※注) 参考掲載「宿泊旅行統計」(観光庁)は、観光目的以外の宿泊施設も含めた調査。

2.観光消費額について


  • 2月の豪雪により、単価の高いスキー場やゴルフ場等の入込客が減少したことから、観光消費額はやや減少したが、前年度と比べ減少幅は改善している。

観光消費額について
暦年 観光消費額 増減 伸び率 日帰り 宿泊
平成26年 1,844億円 -10億円 -0.6% 1,001億円 842億円
平成25年 1,854億円 -37億円  -2.0%  1,009億円 845億円

※端数処理の関係で合計が一致しないことがある。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局観光魅力創出課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3381
FAX 027-223-1197
E-mail kankouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。