本文へ
表示モードの切替
印刷

平成21年度観光客数・消費額調査(推計)結果

1 調査概要

(1)調査対象期間

   平成21年4月1日~平成22年3月31日

(2)調査方法

   県下の全観光地(観光行事)について、県内35市町村等へ照会を行い集計

(3)調査範囲

 【観光入込客数】

  • 年間観光入込客が10,000人以上又は年間10,000人には達しないが月間入込数が1,500人以上の観光地について推計

 【観光消費額】

  • 交通費(県内分)、宿泊費、土産代、飲食費、入場料等

 2 観光入込客の動向

  観光入込客数は、60,251千人(対前年度比:2,727千人減、4.3%減)となった。

  • 日帰り客数は、52,948千人(対前年度比:2,456千人減、4.4%減)
  • 宿泊客数は、7,303千人(対前年度比:272千人減、3.6%減)
  • 県内客数は、33,390千人(対前年度比:2,368千人減、6.6%減)
  • 県外客数は、26,861千人(対前年度比:359千人減、1.3%減)

【主な増減要因】

  • 平成20年開催の全国都市緑化ぐんまフェア終了による減少(前橋会場、高崎会場、伊勢崎会場、太田会場)。(平成20年度比:-2,310千人)
  • 前橋市「前橋花火大会」、「前橋まつり」、「前橋初市まつり」の推計値から実測値へ算定方法変更による減少。(平成20年度比:-600千人 ※3イベントの合計)
  • 伊勢崎市「いせさき花火大会」中止による減少。(平成20年度比:-350千人)
  • 藤岡市「ららん藤岡」が「関東好きな道の駅2009」で第1位になったことや人気テナントの影響による増加。(平成20年度比:+790千人)

【平成20年度よりも10万人以上観光入込客が増加した市町村の内訳】

  • 藤岡市(+770千人)   ・・・  「ららん藤岡」等の増加
  • 安中市(+170千人)   ・・・  「アプトの道」等の増加
  • 下仁田町(+100千人) ・・・  「道の駅しもにた」等の増加
  • みなかみ町(+570千人)   ・・・  「スキー場」、「谷川岳」等の増加

※観光入込客が増加した主な観光地点

  • 華蔵寺公園遊園地「伊勢崎市」(+170千人)
  • 草津温泉「草津町」(+60千人)
  • 道の駅川場田園プラザ「川場村」(+60千人)

【平成20年度よりも10万人以上観光入込客が減少した市町村の内訳】

  • 前橋市(-2,040千人) ・・・ 「都市緑化フェア」の終了、「前橋花火大会」「前橋まつり」「前橋初市まつり」の算定方法変更
  • 桐生市(-140千人) ・・・ 「桐生が岡動物園」の景気低迷による影響、「古民具骨董市」の天候不順等による影響
  • 伊勢崎市(-940千人) ・・・  「都市緑化フェア」の終了、「いせさき花火大会」の中止
  • 太田市(-250千人) ・・・  「都市緑化フェア」の終了、「太田市花火大会」の中止
  • みどり市(-410千人) ・・・ 「草木ドライブイン」、「貴船神社」の減少
  • 嬬恋村(-120千人) ・・・ 「浅間高原」の景気低迷による影響
  • 片品村(-250千人) ・・・ 「尾瀬」等の景気低迷による影響
  • 板倉町(-160千人)   ・・・  「コスモスまつり」が台風で花の状態が悪かったことによる影響

【九大温泉地の観光入込客数】

  • 草津温泉        2,735千人(対前年度比: +57千人、 2.1%増)
  • 水上温泉        2,124千人(対前年度比: -37千人、 1.7%減)
  • 伊香保温泉      1,462千人(対前年度比:-121千人、 7.6%減)
  • 四万温泉          327千人(対前年度比: -57千人、14.9%減)
  • 老神温泉          139千人(対前年度比: -34千人、19.7%減)
  • 磯部温泉          217千人(対前年度比:  -6千人、 2.6%減)
  • やぶ塚温泉         43千人(対前年度比: -10千人、18.7%減)
  • 猿ヶ京温泉        242千人(対前年度比:  -2千人、 0.9%減)
  • 万座温泉          573千人(対前年度比:  -2千人、 0.3%減) 

【分類別観光入込客数】

平成21年度分類(観光庁の共通基準)
分類

観光入込客数(千人)

構成比(%)

自然

8,165

13.6

歴史・文化

9,852

16.4

温泉・健康

14,372

23.9

スポーツ・レクリエーション

11,876

19.7

都市型観光

2,320

3.8

その他 ※注

5,021

8.3

行祭事・イベント

8,645

14.3

60,251

100.0

※注 「その他」・・・他に分類されない観光地点であり、道の駅等が含まれる。

《参考》平成20年度分類 ((社)日本観光協会の全国観光統計基準)
分類

観光入込客数(千人)

構成比(%)

自然

10,974

17.4

文化・歴史

8,808

14.0

産業観光

1,876

3.0

スポーツ・レクリエーション

9,110

14.5

温泉

14,152

22.5

買物

6,774

10.8

行・祭事

6,457

10.3

イベント

4,826

7.7

62,978

100.0

3 観光消費額の動向

観光消費額は、194,110百万円で(対前年度比:6,902百万円減、3.4%減)となった。

  • 日帰り客の消費総額:104,489百万円(対前年度比:4.8%減)
  • 宿泊客の消費総額:89,622百万円(対前年度比:1.8%減)
  • 日帰り客消費額 (観光客1人当たり):1,973円(前年度: 1,981円、対前年度比: 8円減)
  • 宿泊客消費額 (観光客1人当たり):12,271円(前年度:12,047円、対前年度比:224円増)

【一人当たりの観光消費額が多い市町村】

  • 草津町 (13,050円、+0.1%)
  • 中之条町( 6,636円、-13.7%)
  • 安中市(6,220円、-6.5%)
  • 東吾妻町(5,179円、-18.9%)
  • 長野原町(4,906円、-8.4%)
  • みなかみ町(4,889円、-12.0%)

【一人当たりの観光消費額が少ない市町村】

  • 邑楽町(184円、+13.1%)
  • 吉岡町(225円、-4.1%)
  • 千代田町(375円、-33.1%)
  • 明和町(425円、+5.9%)
  • みどり市(563円、+7.9%)

詳細はこちら → 群馬県統計情報提供システム(外部リンク)

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局観光魅力創出課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3381
FAX 027-223-1197
E-mail kankouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。