本文へ
表示モードの切替
印刷

平成30年(2018年) 観光入込客統計調査報告書

1 平成30年(2018年)調査結果概要

調査結果概要
項目 総数 前年比
観光入込客数 65,196千人 +744千人 +1.2%
宿泊者数 延べ宿泊者数 8,305千人泊 -451千人泊 -5.2%
うち外国人延べ宿泊者数 289千人泊 -2千人泊 -0.7%
観光消費額単価 宿泊 22,329円 -5,324円 -19.3%
日帰り 4,519円 -938円 -17.2%
観光消費額 295,919百万円 -62,833百万円 -17.5%

2 観光入込客数について

 観光入込客数は、65,196千人(前年比744千人増、1.2%増)となりました。

  • 1月~3月は、暖冬の影響で雪解けが早く、スキー客は減少しましたが、他の観光地点では天候に恵まれ、前年比47万人増加しました。
  • 4月~6月は、気温の上昇が早まり花の見頃がGW前にずれたことで24万人減少しました。
  • 7月~9月は、連日の猛暑の影響で出控えやイベント中止などがあり、43万人減少しました。
  • 10月~12月は、紅葉のシーズンは天候に恵まれたことや12月に降雪が少なかったため、95万人増加しました。
  • 4月~9月は、本白根山噴火及び草津白根山噴火警戒レベル引上げによる国道292号(志賀草津高原ルート)の通行規制の影響で減少した月が多くなりました。

3 宿泊者数について

 延べ宿泊者数は、8,305千人泊(前年比451千人泊減、5.2%減)となりました。
 外国人延べ宿泊者数は、289千人泊(前年比2千人泊減、0.7%減)となりました。

  • 本白根山噴火及び草津白根山噴火警戒レベル引上げによる国道292号(志賀草津高原ルート)の通行規制の影響で、宿泊者数が減少しました。

4 観光消費額単価について

 観光消費額単価は、宿泊は22,329円(前年比5,324円減、19.3%減)
 日帰りは4,519円(前年比938円減、17.2%減)
となりました。

  • 宿泊は、観光目的の観光消費額単価の減少により、全体も減少しました。
  • 日帰りは、日本人観光目的の観光消費額単価の減少により、全体も減少しました。

5 観光消費額について

 観光消費額は、295,919百万円(対前年比62,833百万円減、17.5%減)となりました。

  • 日帰り客が増加したことで、日帰り消費額は増加しましたが、宿泊者数の減少により、宿泊消費額の落ち込みが大きくなり、観光消費額全体は減少しました。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局観光魅力創出課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3381
FAX 027-223-1197
E-mail kankouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。