本文へ
表示モードの切替
印刷

〔児童手当〕

質問

小学生の子どもを養育していて、いろいろとお金が必要なのですが…〔児童手当〕

回答

中学校修了前の児童を養育している人には、家庭における生活の安定と、子どもの健全な育成を図ることを目的として、児童手当が支給されます。

質問1

中学校修了前の児童を養育していれば誰でももらえるのですか?

回答1

中学校終了前(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方が支給できます。
ただし、次の1~5のルールをよくご確認ください。

  1. 原則として児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。)
  2. 父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給します。
  3. 父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内で児童を養育している方を指定すれば、その方(父母指定者)に支給します。
  4. 児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。
  5. 児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します。
質問2

手当はいつ頃、いくらもらえるのですか?

回答2

手当の額については、養育している18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童のうち、中学校修了前の児童が何人目にあたるかによって変わります。

【3歳未満の児童】

  • 出生順位を問わず、1人につき…一律15,000円(月額)

【3歳以上小学校修了前の児童】

  • 1人目・2人目のとき、1人につき…10,000円(月額)
  • 3人目以降のとき、1人につき…15,000円(月額)

【小学校修了後中学校修了前の児童】

  • 出生順位を問わず、1人につき…一律10,000円(月額)

ただし、児童を養育している方の所得が次の表の額以上の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人につき一律5,000円(月額))を支給します。

【所得制限限度額】一覧
扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
(注)

  1. 所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
  2. 扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を越えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

※手当の支給月は原則として年に3回で、2月・6月・10月に前月までの4か月分が支給されます。

質問3

手当をもらうにはどうすればよいのですか?

回答3

児童手当を受給するには、住所地の市町村の窓口(公務員の場合は勤務先)に「児童手当認定請求書」を提出することが必要となります。(受給資格があっても請求書を提出しなければ受給することはできません。)
児童手当は、請求した月の翌月からの支給となりますので、受給資格が生じた場合は早めに請求書を提出してください。

【問い合わせ先】

各市町村役場(所)[児童手当担当課]

このページについてのお問い合わせ

生活こども部私学・子育て支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2622
FAX 027-226-2100
E-mail shigakoso@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。