本文へ
表示モードの切替
印刷

高齢者虐待防止について

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が平成18年4月1日に施行され、虐待を受けている高齢者を発見した者は、市町村への通報が義務づけられました。
虐待を受けている高齢者本人も相談(届出)ができます。
虐待に気づいたら、お住まいの市町村の高齢福祉担当課や地域包括支援センターへご相談ください。

市町村役場(所)高齢福祉担当課

地域包括支援センター

高齢者虐待防止のリーフレットについて

高齢者虐待について多くの方に知っていただくため、普及啓発のリーフレットを作成しましたので、ご活用ください。

高齢者虐待防止リーフレット表紙(PDF:718KB)

高齢者虐待防止リーフレット内容(PDF:817KB)

(主な掲載内容)

1 高齢者虐待とは

65歳以上の高齢者に対して、養護者(高齢者を養護する家族、親族、同居人等)、養介護施設従事者(介護サービス事業所や介護保険施設・老人福祉施設の職員等)による、次のような行為を「高齢者虐待」といいます。(5つの分類)

高齢者虐待
身体的虐待 身体を傷つけたり、必要以上に動けなくすること
介護等放棄 身の回りの世話をしないことにより健康を損なわせること
心理的虐待 脅したり、失礼な言葉や態度、無視、嫌がらせにより苦痛を与えること
性的虐待 性的なことをしたり、無理にさせたりすること
経済的虐待 勝手に、財産、年金を使ったり、金銭の使用を理由なく制限すること、

2 高齢者虐待はどうして起きるのでしょうか

高齢者虐待が起きる背景には、様々な要因があります。(例 介護や認知症に関する家族・親族の無理解・無関心、介護負担の増加、虐待者と高齢者の人間関係、希薄な近隣関係・社会からの孤立)
虐待を受けている人だけではなく、虐待をしている人にも支援が必要なこともあります。
自覚がなく虐待をしている場合や、認知症や介護に対する知識の不足が虐待に繋がってしまうこともあります。

3 高齢者虐待を予防するために

~介護負担の軽減、相談窓口の活用~

1人で、家族だけで介護の負担を抱え込まずに、介護サービスや相談窓口を活用して、介護の負担を減らすことが大切です。

~虐待が起こらない地域づくり~

ご近所に気になる高齢者や介護をしている方がいたら、見守りや声かけをお願いします。
困っている高齢者や家族の方には、地域包括支援センター等への相談を勧めましょう。
地域の見守りや声かけ、仲間づくりが虐待の予防に繋がります。

4 主な相談窓口

~高齢者虐待を発見したら、虐待を受けたら、~

虐待を発見したとき、虐待かなと思ったとき、又は虐待を受けたときは、お住まいの市町村の担当窓口や地域包括支援センターへ連絡をお願いします。
連絡をした人の情報は守られます。(守秘義務)
連絡を受けた地域包括支援センター等は事実確認のため訪問等による調査を行い、虐待解決のために対応します。

~高齢者虐待や介護、認知症について相談したいとき~

市町村役場(所)高齢福祉担当課

地域包括支援センター

群馬県高齢者総合相談センター

認知症相談窓口(地域包括支援センター・認知症疾患医療センター・認知症の人と家族のための電話相談)

県内の高齢者虐待の状況

平成18年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:256KB)

平成19年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:350KB)

平成20年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:334KB)

平成21年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:348KB)

平成22年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:341KB)

平成23年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:361KB)

平成24年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:417KB)

平成25年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:779KB)

平成26年度の高齢者虐待状況調査の結果(PDF:310KB)

平成27年度の高齢者虐待調査結果の結果(PDF:356KB)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部健康福祉課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2616
FAX 027-243-2044
E-mail kenkoufuku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。