本文へ
表示モードの切替
印刷

元気高齢者総合支援事業の概要

更新日:平成21年8月24日

1 背景

(1) 群馬県の65歳以上の高齢者人口は、453,453人(平成20年10月1日現在)です。そのうち、要支援・要介護の高齢者は71,572 人(群馬県介護保険事業統計、平成20年度)で、介護などを必要としない高齢者は381,881人(約85%)です。つまり、高齢者の方の8割以上は「元気な」高齢者であるということになります。

(2)このように膨大な数の高齢者がいつまでも元気で暮らし、生涯を通じて自己実現を図ることができるような条件を整える必要があります。

(3)群馬県としては、これまでも、関係団体(注)とも連携を取りながら、元気な高齢者のために、いろいろな生きがい健康づくり事業を実施してきました。

(注) 関係団体:市町村、県長寿社会づくり財団、県老人クラブ連合会など

(4)行政としては、一人ひとりがそれぞれの生きがいを見つけて、それを続けられるようにするため、いろいろな選択肢を用意する必要があると考えます。

 

2 事業の内容

(1) 関係団体との間で役割を分担し、これまで以上の連携を取りながら、高齢者の自主性、自己決定を基本として、生きがい・健康づくりのための豊富な選択肢を用意します。

(2) 今後予想される高齢者像の変化にも対応できるようにします。

(3) そのため、関係するいろいろな事業をまとめて、元気な高齢者を支援するための総合的な施策である「元気高齢者総合支援事業」を創設しました。

主な内容は次のとおりです。

○ 生きがい振興推進

高齢者の生きがい健康づくりを目的とする(財)群馬県長寿社会づくり財団へ県からいろいろな事業を委託して実施します。

○高齢者の生きがいと健康づくり支援

市町村が地域の特性に応じた生きがい・健康づくり事業を実施することを助成します。

○県老人クラブ連合会補助

高齢者の自主的団体である県老人クラブ連合会の活動を助成します。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2576
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。