本文へ
表示モードの切替
印刷

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護サービス再開に向けた支援)について

在宅介護サービス利用休止中の利用者への利用再開に向けた働きかけや、感染症防止のための環境整備を行った在宅サービス事業所を支援します。

在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成

1 対象事業所

 令和2年4月1日以降、サービス利用休止中の利用者への利用再開のための支援を行った在宅サービス事業所(※注)が対象です。具体的には下表のとおり。
 (※注)通所系サービス事業所、短期入所系サービス事業所、訪問系サービス事業所、多機能型サービス事業所

対象要件一覧
在宅サービス事業所(居宅介護支援事業所を除く) 在宅サービス利用休止中の利用者に対して、介護支援専門員と連携した上で、健康状態・生活ぶりの確認、希望するサービスの確認を行った上で、利用者の要望を踏まえたサービス提供のための調整等(感染対策に配慮した形態での実施に向けた準備等)を行った場合
居宅介護支援事業所 在宅サービス利用休止中の利用者に対して、健康状態・生活ぶりの確認、希望するサービスの確認(感染対策に係る要望を含む)、サービス事業所との連携(必要に応じケアプラン修正)を行った場合

※1 「在宅サービス利用休止中の利用者」とは、当該事業所を利用していた利用者で過去1ヶ月の間、当該在宅サービスを1回も利用していない利用者(居宅介護支援事業所においては、過去1ヶ月の間、在宅サービス事業所のサービスを1回も利用していない利用者(ただし、利用終了者を除く))
※2 「~の確認」とは、1回以上電話または訪問を行うとともに、記録を行っていること
※3 「連携を行った」とは、1回以上電話等により連絡を行ったこと
※4 「調整等を行った」とは、希望に応じた所要の対応を行ったこと
注 実際にサービス再開につながったか否かは問わない

2支援額

 支援額は、事業所の種別や利用者への支援の方法によって異なります。
 詳細は、単価一覧表(PDF:218KB)をご確認ください。

  • 1事業所・施設における1利用者につき、1回まで助成の対象。

在宅サービス事業所における環境整備への助成

1 対象事業所

 令和2年4月1日以降、感染症防止のための環境整備を行った在宅サービス事業所(※注)が対象です。
 (※注)通所系サービス事業所、短期入所系サービス事業所、訪問系サービス事業所、多機能型サービス事業所

2支援対象経費

 「3つの密」(「換気が悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」及び「間近で会話や発声をする密接場面」)
を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に要する以下のようなものの購入費用等。

(例)
 a 長机
 b 飛沫防止パネル
 c 換気設備
 d (電動)自転車(リース費用含む)
 e タブレット等のICT機器(リース費用含む)(通信費用を除く)
 f 感染防止のための内装改修費

3支援額

 単価一覧表(PDF:218KB)をご確認ください。

  • 基準単価( 200,000 円)と対象経費の実支出額とを比較して少ない方の額を助成額とする
    ( 1,000 円未満切捨て)。
  • 1事業所・施設当たり上限額に達するまで助成可能。
補助金等の情報ページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2574
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。