本文へ
表示モードの切替
印刷

原爆被爆者に対する医療の給付について

認定疾病に対する医療の給付

 厚生労働大臣の認定(原爆症認定)を受けた被爆者は、その認定を受けた病気やけがについて、知事が指定した認定疾病医療機関において、認定書と被爆者健康手帳を提示すれば、全額国費で医療を受けることができます。
 認定の手続きにつきましては、下記の提出・問い合わせ先に御連絡ください。

一般疾病に対する医療の給付

 被爆者は、知事が指定した被爆者一般疾病医療機関において、被保険者証と被爆者健康手帳を提示すれば、健康保険等の自己負担分を負担せずに医療を受けることができます。
 被爆者健康手帳を提示しなかった、又は知事が指定した医療機関等以外で医療を受けた場合は、健康保険等の自己負担分を一旦支払うことになりますが、後日、知事に請求すれば払戻しを受けることができます。
 払戻しの手続きにつきましては、下記の提出・問い合わせ先に御連絡ください。

被爆者一般疾病医療機関について

 下記のリンク先(群馬県統合型医療情報システム)で、被爆者一般疾病医療機関を検索できますので、医療機関を選ぶ際の参考にしてください。なお、各情報については必ずしも最新の情報とは限りませんので、必ず医療機関に確認をお願いします。

 群馬県統合型医療情報システム(外部リンク)

提出・問い合わせ先

 〒371-8570
 前橋市大手町1-1-1
 群馬県健康福祉部感染症・がん疾病対策課 疾病対策係 原爆被爆者援護担当
 電話:027-226-2601

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部感染症・がん疾病対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2601
FAX 027-223-7950
E-mail kansen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。