本文へ
表示モードの切替
印刷

原爆被爆者の健康診断について

 群馬県では、次のとおり、被爆者等を対象とする健康診断を実施しています。
被爆者及び第一種又は第二種健康診断受診者証の交付を受けている人には、それぞれ受診対象となる健康診断の実施について、郵送でお知らせしています。

定期健康診断

 年2回、県内の医療機関で実施しています。
被爆者及び第一種健康診断受診者証の交付を受けている人は、年2回、一般検査を受診できます。
 第二種健康診断受診者証の交付を受けている人は、年1回、一般検査を受診できます。

がん検診

 年2回、定期健康診断と同時に県内の医療機関で実施しています。
 被爆者及び第一種健康診断受診者証の交付を受けている人は、年1回を上限として、がん健診を受診できます。

特別健康診断(人間ドック)

 年1回、人間ドックを県内の医療機関で実施しています。
 被爆者及び第一種健康診断受診者証の交付を受けている人は、年1回、人間ドックを受診できます。ただし、がん健診を受診した場合は、人間ドックを受診することはできません。

希望による健康診断

 人間ドックを受診しない人は、一般検査を希望により年2回まで(がん健診を受診される方については年1回まで)受診できます。希望される際は、事前にお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部感染症・がん疾病対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2601
FAX 027-223-7950
E-mail kansen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。