本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年 世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間INぐんま

「世界自閉症啓発デー」とは

 国連総会(平成19年12月18日開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 日本でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動が行われています。
また、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日までを発達障害啓発週間として、全国各地で啓発活動が行われています。

イベントの目的

群馬県では、「世界自閉症啓発デー」及び「発達障害啓発週間」を広く県民のみなさまにお知らせし、自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくことや、理解をしていただくことを目的に下記のとおりイベントを開催します。

オンラインセミナーの開催

 今年の「自閉症啓発デー・発達障害啓発週間INぐんま」は、NPO法人リンケージ 理事長の石川氏による講演を動画で配信いたします。

公開方法

 群馬県YouTubeチャンネル「tsulunos」にて公開しています。

(配信URL)世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間INぐんま オンラインセミナー(YouTube:外部リンク)

配信期間

令和3年3月18日(木)~4月8日(木)

講演内容

  • テーマ「発達障害の正しい理解と支援 ~誰もが地域で豊かに暮らすために~」

 発達障害のある人がその人らしく暮らすためには、家族や周りの人々が、特性を正しく理解し関わっていくことが大切です。
 今回は、「発達障害の特性」、「生活の中での困りごとと対策」「ウィズコロナ時代に必要な配慮」等をキーワードに講演を行います。

講師プロフィール

NPO法人リンケージ 理事長 石川 京子 氏

 臨床心理士・公認心理師。リクルートにて人材採用・人材教育の仕事に従事したのち、発達の凸凹のある子どもから大人までの長所や得意を活かす「NPO法人リンケージ」の代表をつとめる。
 現在、群馬労働局発達障害者専門指導監、発達障害者地域支援マネジャー、教育委員会特別支援教育室専門家チーム委員等として県内各方面で活躍。

定員

ありません。ご本人・ご家族・支援者の皆様のほか、どなたでもご覧いただけます。

館林会場

群馬県自閉症協会による自閉症啓発のための展示を行います。お出かけの際はお立ち寄りください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施にご協力ください。

日時

令和3年3月24日(水)~4月4日(日)
午前11時から午後8時(4月4日は15時まで)

会場

アゼリアモール2階アゼリアロード(館林市楠町3648-1)

内容

  1. 自閉症の人たちの作品展示
  2. 自閉症啓発のための情報掲示

申し込み

 申し込みは不要です。当日、直接ご来場ください。

前橋会場

発達障害啓発週間にあわせて、県庁舎のブルーライトアップを行います。

日時

令和3年4月2日(金)~4月8日(木)
午後5時半から午後9時まで(予定)

会場

群馬県昭和庁舎(前橋市大手町1-1-1)

主催・共催・後援

主催:群馬県、群馬県自閉症協会 共催:館林市
後援(予定):群馬県医師会、群馬大学医学部附属病院小児科、群馬大学医学部附属病院精神科神経科、群馬県教育委員会、群馬県社会福祉協議会、上毛新聞社、朝日新聞社前橋総局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、産経新聞前橋支局、東京新聞前橋支局、日本経済新聞社前橋支局、共同通信社前橋支局、時事通信社前橋支局、NHK前橋放送局、群馬テレビ、FM GUNMA、独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園、社会福祉法人ぐんぐん、NPO法人SUN-Tatebayashi(順不同)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2648
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。