本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県骨髄移植ドナー支援事業について

平成28年4月1日から、市町村に対する骨髄移植ドナー支援事業を開始しました。
平成31年4月1日より、県内全市町村での事業開始となりました。

事業の趣旨

 骨髄提供へ最終同意した人は、健康診断、自己血貯血及び骨髄採取等のために通院もしくは入院が必要であり、そのために仕事を休まなければなりません。骨髄提供のための特別有給休暇(以下、「ドナー休暇」という。)は、多くの中小企業で導入されていないため、勤務する人や自営業者等にとっては、骨髄提供のための時間的拘束が経済的負担に結びつき、骨髄の提供やドナー登録を断る原因にもなっています。
 群馬県では、ドナー休暇がない骨髄提供者の休業補償を行うことで、骨髄提供を応諾してくれるドナー数の増加、骨髄等移植の推進を図っています。
 骨髄移植、骨髄ドナーについては、こちらをご参照ください。

事業の概要

 助成金を交付した市町村に対し、県が補助を行うものです。

  • 実施主体 : 市町村
  • 補助対象事業 : 骨髄・末梢血幹細胞(以下「骨髄等」という)の提供を行った者への助成
  • 補助内容 : 骨髄等の提供に係る通院、入院又は面談の日数に2万円を乗じた額。1回の提供につき14万円(7日間)を限度とする。
  • 補助率 : 2分の1以内

県内市町村の導入状況

 平成31年度4月1日時点で、県内全市町村で事業を導入しております。

骨髄ドナー助成事業を実施している市町村(35市町村)

前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市、榛東村、吉岡町、上野村、神流町、下仁田町、南牧村、甘楽町、中之条町、長野原町、嬬恋村、草津町、高山村、東吾妻町、片品村、川場村、昭和村、みなかみ町、玉村町、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町

※制度の詳細については、各市町村にお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部薬務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2662
FAX 027-223-7872
E-mail yakumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。