本文へ
表示モードの切替
印刷

職場内家庭教育研修会(県内事業所への家庭教育学習会支援)

 家庭教育とは、親などの保護者が、子どもに対して行う教育のことです。
 昨今、急速な少子化の進行、地域とのつながりの希薄化など、家庭を取り巻く環境が大きく変化している中で、地域社会全体が力を合わせて、子育てや家庭教育を支援していくことが求められています。

 群馬県教育委員会では家庭教育の支援施策の一つとして、講師が県内事業所へ出向いて家庭教育の学習会を開催する事業を実施しています。

職場内研修会の様子写真1
職場内研修会の様子
職場内研修会の様子写真2
職場内研修会の様子

事業内容

  • 対象者 群馬県いきいきGカンパニー認証企業の職員
     (育児・介護と仕事の両立、職場における女性の活躍推進、従業員のワーク・ライフ・バランスの推進等に取り組む県内事業所を「群馬県いきいきGカンパニー」として認証し、様々な支援を行っています。)
     ※保護者だけでなくこれから親となる方の参加もお薦めしています。
  • 費用 講師に対する謝金・交通費は群馬県教育委員会が負担します。
  • 開催時間 研修会は概ね40分から1時間程度。昼休み、就業後、土曜日曜の開催も可能です。
  • 参加人数 参加人数20名程度を想定していますが、会社の状況により対応します。
  • この研修は群馬県いきいきGカンパニー認証制度「ゴールド認証」の認定要件の1つとなっています。
  • 学習テーマ 群馬県が作成した「ワクわく子育てトーキング~ぐんまの親の学びプログラム~」(外部リンク)にて実施します。

「ワクわく子育てトーキング~ぐんまの親の学びプログラム」とは

  • 親と子どものそれぞれの気持ち、子どもとのかかわり方について、参加者同士が話し合い、学び合うワークショップ形式の学習会です。
  • 講師が一方的に話す講義とは違い、和気あいあいとした雰囲気で、自分にあった「子育てのコツ」に気づいたり、参加者同士の「つながり」がうまれます。

<お薦めテーマ>

  • 子どものほめ方しかり方「こんなとき、どう言葉をかけますか」
  • 食生活「子どもの好き嫌いどうする?」
  • 早寝早起き「早寝早起きできています」
  • スマホとの付き合い方「ちょっと待って、ケータイ・スマホ~わが家の約束~」
     ※全29テーマあります。
     ※その他、講義型の研修会も可能です。

申込み方法

 希望するテーマ、日程等を決めて申込用紙により、メール、FAX、郵送等により申し込んでください。実施の可否について通知します。
 まずは気軽に電話等にてご相談ください。

開催事例

「子どもが伸びるほめ方しかり方」

開催企業:有限会社 COCO-LO
開催時間:平成29年2月6日(月)11時00分~12時00分
参加人数:34人
参加者の感想:

  • 聞き方やしかり方など勉強になりました。今後子どもと接する時だけでなく、人とのコミュニケーションの際に意識していきたいと思います。
  • 改めてコミュニケーションについての大事さを理解する事が出来ました。もっとゆとりを持って子どもと接したいと思いました。
  • 子どもの思いも考えながら、今後も考え、一緒に成長していけたらと思います。

「みんなで楽しもう食育」

開催企業:株式会社 鐵建
開催日時:平成29年12月16日(土)12時10分~12時45分
参加人数:20人
参加者の感想:

  • グループワークで、みんなの意見が聞くことが出来て楽しかった。子供への対応や各家庭での工夫等、とても参考になった。
  • 他の家庭の食事風景が垣間見られ、面白かったのと同時に参考になった。試してみようと思う。
  • 自分はまだ家庭を持っていないが、他の方のいろいろなことを聞けてよかった。
  • 子供に対して何を言えばいいのか改めて考える事ができた。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4666
FAX 027-224-8780
E-mail kigakushu@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。