本文へ
表示モードの切替
印刷

上野国分寺跡(こうずけこくぶんじあと)・上野国分尼寺跡(こうずけこくぶんにじあと)

(上野国分寺跡 1926年(大正15年)国指定史跡)

1 所在地

 高崎市東国分町・引間町~前橋市元総社町

2 性格

 741年(天平13年)に聖武天皇が発願し、全国68ヶ国で建立された官立寺院のうちのひとつです。造営は国司の監督のもと、地元豪族が協力して実施されました。

3 年代 

 聖武天皇発願から間もなく造営着手と推定されます。文献資料によると、11世紀前葉には金堂・塔などが残存していました。14世紀の南北朝時代までには、廃絶と推定されます。

4 内容・特色

(1)上野国分寺(僧寺)・上野国分尼寺の立地

  1. 上野国分寺(僧寺)と上野国分尼寺は、律令制下の群馬郡に所在し、現在においても群馬県のほぼ中央部にあります。
  2. 上野国分寺(僧寺)と上野国分尼寺は、約500メートルの間隔をおいて、東(尼寺)西(僧寺)に並び立つように計画されました。

(2)上野国分寺(上野国分僧寺)

  1. 1980年(昭和55年)から発掘調査により、南大門・塔跡・金堂跡・講堂跡など伽藍の概要が判明しました。なお、寺域は、東西約220メートル・南北約235メートルです。
  2. 七重塔跡の規摸は、基壇の規模が1辺64尺(19.2メートル)で、高さは60.5メートルと推定されており、全国の国分寺の中で最大規模です。

(3)上野国分尼寺 

  1. 上野国分寺(僧寺)跡の東方約500メートルのところに上野国分尼寺跡が区割りとして残っています。
  2. 1969~1970年(昭和44~45年)に範囲確認調査が行われていますが一部のみであり、全容は明らかになっていません。
史跡上野国分寺跡 七重塔跡復元基壇の写真
史跡上野国分寺跡 七重塔跡復元基壇
 史跡上野国分寺跡 金堂跡復元基壇の写真
史跡上野国分寺跡 金堂跡復元基壇
史跡上野国分寺跡 南辺復元築垣の写真
史跡上野国分寺跡 南辺復元築垣
史跡上野国分寺跡 七重塔復元模型(史跡上野国分寺跡ガイダンス施設展示)写真
史跡上野国分寺跡 七重塔復元模型(史跡上野国分寺跡ガイダンス施設展示)

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局文化財保護課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4684
FAX 027-243-7785
E-mail kibunkaho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。