本文へ
表示モードの切替
印刷

【平成26年11月21日付け】金井下新田遺跡に関する報道提供資料

金井下新田遺跡の囲い状(かこいじょう)遺構と馬引き(うまひき)の痕跡について

1 出土遺跡の概要


  1. 遺跡名:金井下新田(かないしもしんでん)遺跡
  2. 調査要因:国道353号金井バイパス(上信自動車道)道路改築に伴う調査
  3. 委託者:渋川土木事務所
  4. 調査主体:公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団
  5. 調査期間:平成26年4月から平成26年12月まで(予定)

2 内容

 金井東裏遺跡の南に隣接する金井下新田遺跡で、6世紀初頭の榛名山の噴火に伴う火砕流によって倒壊した「囲い状遺構」と馬引きの痕跡が発見されました。

  • (1)囲い状遺構は、重要施設を囲っていたと考えられるもので、今回検出した部分は方形に囲った施設の北東コーナー部と考えられます。囲いの構造は、幅20センチメートルほどの溝に1.8メートルほどの間隔に角材の柱を立て、これに植物の茎を編んだ網代を壁面とした「網代垣(あじろがき)」と考えられ、柱材や網代、横桟(よこさん)が炭化した状態で良好に残っていました。コーナー部の内側にはL字状に溝がみられ、東側から道が続いていることから、ここに出入口があったと考えられます。こうした遺構は、これまで奈良県の秋津遺跡などで確認されていますが、祭祀・儀礼などの神聖な空間を囲む施設と考えられており、これを表現した「囲型埴輪(かこいがたはにわ)」が5世紀の有力古墳から見つかっています。
  • (2)馬引きの痕跡は、6世紀初頭の榛名山の最初の噴火の火山灰が堆積した道の上を、西から東へと一人の人物の足跡と1頭の馬の蹄跡が平行して続いていました。

3 要点

  • (1)金井下新田遺跡の囲い状遺構は、重要な空間を囲ったものと考えられ、県内で初めての発見です。また、網代垣の構造を完全な状態で確認できるものは、内では初めてです。
  • (2)馬引きの痕跡が遺構として発見されたのは、国内では初めてです。

4 公開について

  • (1)平成26年11月25日(火)午後2時から報道機関に現地を公開します。
  • (2)一般公開はしません。

5 問い合わせ先

 公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団
 〒377-8555 渋川市北橘町下箱田784-2 電話:0279-52-2511

図1 金井下新田遺跡と金井東裏遺跡の位置関係の画像
図1 金井下新田遺跡と金井東裏遺跡の位置関係
写真1 金井下新田遺跡4区全景の画像
写真1 金井下新田遺跡4区全景
写真2 囲い状遺構の構造の画像
写真2 囲い状遺構の構造
写真3 囲い状遺構全景(東から)の画像
写真3 囲い状遺構全景(東から)
写真4 炭化した柱材と網代垣(東側の囲い 西から)の画像
写真4 炭化した柱材と網代垣(東側の囲い 西から)
写真5 炭化した網代垣の画像
写真5 炭化した網代垣
写真6 倒壊した北側の囲い(西から)の画像
写真6 倒壊した北側の囲い(西から)
写真7 炭化した網代垣の一部の画像
写真7 炭化した網代垣の一部
写真8 東側囲いの柱穴の画像
写真8 東側囲いの柱穴
写真9 馬引きの状況の画像
写真9 馬引きの状況

このページについてのお問い合わせ

地域創生部文化財保護課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4696
FAX 027-243-7785
E-mail bunkaho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。