本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県高齢者居住安定確保計画(2021)を策定しました

 県では、高齢者の居住の安定確保を推進するため、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、令和9年3月までの6年間を計画の期間とする「群馬県高齢者居住安定確保計画(2021)」を策定しました。
 この計画の推進にあたっては、住宅部局と福祉部局の緊密な連携はもとより、市町村、福祉・住宅事業者、そしてなにより、県民の皆様の協力が必要不可欠となります。今後とも、皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。

群馬県高齢者居住安定確保計画(2021)の概要

1 計画の目的と背景

1 計画策定の背景

  本県の令和元年10月の高齢者人口は57万人を超え、4人に1人以上が高齢者といえ本格的な超高齢社会を迎えている。
 また、令和22年度をピークに、高齢者人口は減少に転じる見込みであるが、高齢化率はその後も増加し、一人暮らしの高齢者や認知症高齢者などの急増も見込まれている。
 このような状況の中、本県の住宅・福祉における住まいに関する政策を一体的に捉え、緊密に連携し、県民にわかりやすく周知、計画的に推進することで高齢期の住まいに関する不安を解消することを目的として、本計画を策定する。

2 計画の目的と位置付け

 「高齢者の居住の安定確保に関する法律」第4条により、都道府県は「国の基本方針」に基づいて、高齢者の居住の安定確保に関する計画を定めることができます。
 そこで、住宅政策の上位計画である群馬県住宅マスタープランと、福祉政策の上位計画である群馬県高齢者保健福祉計画の高齢者の住まいに関する政策を一体的にとらえ、緊密に連携し、県民にわかりやすく周知、計画的に推進することで高齢期の住まいに関する不安を解消することを目的として、本計画を策定しています。

3 計画期間

 計画期間は令和3年度から令和8年度の6年間とし、上位計画である群馬県住生活基本計画、群馬県高齢者福祉計画の見直し等を踏まえ、必要に応じて本計画の見直しを行います。

2 高齢者を取り巻く現状と課題

課題1:高齢者のニーズに応じた住まいやサービス

  • 心身の状況に応じた住まいの確保
  • 介護保険施設の確保
  • 負担可能な家賃で継続して居住可能な高齢者向け賃貸住宅の確保
  • 適切な居宅生活支援サービスの確保
  • サービス付き高齢者向け住宅をはじめ高齢者向け住宅の質の確保と偏在の解消

課題2:住み慣れた地域での暮らしを継続できる環境

  • バリアフリー化、断熱化された住宅の確保
  • 孤立、孤独化する高齢者への対応
  • 地域包括ケアシステムの深化・推進 

課題3:高齢者が安心して住まいを選択できる体制

  • 高齢者の入居を制限しない民間賃貸住宅の拡大とその情報提供
  • 住まいに関する適切な情報提供
  • 適正なリフォームのための情報提供
  • 情報のデジタル化による高齢者の情報格差への対応
  • 円滑な住み替えへの支援

3 高齢者の居住の安定確保のための目標

1 基本目標と基本方針

基本目標

高齢者が住み慣れたぐんまで安全・安心に暮らし続けることができる住生活環境の整備

基本方針

  1. 高齢者のニーズに応じた住まいやサービスの確保
  2. 住み慣れた地域での暮らしを継続できる環境の確保
  3. 高齢者が安心して住まいを選択できる体制の確保

2 高齢者の住まいの供給目標

高齢者の住まいの目標量
高齢者の住まいの種別 令和2(2020)年度末
戸数定員数(見込)
令和5(2023)年度末
目標量
増減
高齢者向け住宅 サービス付き高齢者向け住宅
(特定施設入居者生活介護事業所を除く)
4,796 4,886 90
ケア付き公共賃貸住宅 1,302 1,322 20
(うちシルバーハウジング) (141) (141) (0)
有料老人ホーム
(特定施設入居者生活介護事業所を除く)
10,068 10,578 510
養護老人ホーム 930 930 0
軽費老人ホーム 1,886 1,886 0
 合計 18,982 19,602 620
施設・居宅系サービス 介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
10,996 11,296 300
地域密着型介護老人福祉施設 1,710 2,020 310
介護老人保健施設 6,665 6,815 150
介護医療院 543 748 205
介護専用型特定施設 192 262 70
混合型特定施設 3,822 4,868 1,046
認知症対応型共同生活介護 3,226 3,479 253
 合計 27,154 29,488 2,334

4 高齢者の居住の安定確保に向けた取組

1 高齢者のニーズに応じた住まいやサービスの確保に向けた取組

  1. サービス付き高齢者向け住宅の適正な供給と質の確保
    • サービス付き高齢者向け住宅の適正な供給
    • サービス付き高齢者向け住宅の質の確保
  2. 老人ホーム等の整備促進
    • 多様な福祉・介護サービス基盤の整備を計画的に推進
  3. 公営住宅による高齢者の住宅セーフティーネットの形成
    • 公営住宅の既存ストックや県営住宅用地の活用
    • 高齢者の優先入居の推進
    • 公営住宅のバリアフリー化の推進
  4. 高齢者向けの優良賃貸住宅及び高齢者居宅生活支援施設の供給の促進
    • 高齢者向けの優良賃貸住宅の供給
    • 高齢者居宅生活支援施設の併設された公社賃貸住宅等の供給
  5. 在宅における介護サービス等の充実
    • 小規模多機能居宅介護の市町村の整備に対する支援及び整備の促進
    • 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」、「看護小規模多機能型居宅介護」の市町村の整備に対する支援
    • 「家族介護支援事業(任意事業)」への取組の支援
    • レスパイトケアの推奨し、高齢者を介護する家族への支援を促進
    • ダブルケア等に関する相談窓口の充実の支援

 2 住み慣れた地域での暮らしを継続できる環境の確保に向けた取組

  1. 高齢期に適した既存住宅改修の促進
    • 転倒やヒートショック等による住宅内事故を防止のための住宅のバリアフリー・省エネ改修を促進
    • リバースモーゲージ制度の周知
    • バリアフリー化工事に対する資金の支援制度及び断熱改修工事の重要性の周知
  2. 高齢者の安否確認を行う体制の構築
    • 公営住宅における見守り体制の整備の推進
    • IoTを活用した効率的に見守る住宅等の普及手法の検討
  3. 地域包括ケアシステムの拠点整備
    • 公営住宅の空き家等を活用した見守り拠点の整備
    • 公営住宅の集会所を活用した、高齢者等のふれあい拠点の仕組みづくりの推進
    • スマートウェルネス住宅等推進事業による、住まいづくりまちづくりの取組の支援

 3 高齢者が安心して住まいを選択できる体制の確保に向けた取組み 

  1. 民間賃貸住宅への高齢者の入居の円滑化
    • 高齢者、宅地建物取引業者、高齢者のための相談・情報提供等を行う者などへの情報提供
    • 群馬あんしん賃貸ネット・セーフティネット住宅など入居を拒まない民間賃貸住宅の登録を推進
    • 住宅セーフティネット制度による民間賃貸住宅を活用した高齢者の入居を拒まない住宅の登録の推進
    • 居住支援法人による高齢者の入居の円滑化に係る情報提供、入居相談等の取組への支援
    • 不動産団体等への保証会社利用促進の依頼の実施
  2. 高齢者の住まいに関する相談体制とサポート
    • ぐんま住まいの相談センターによる住宅・施設の情報提供、相談体制の充実
      ・公営住宅の情報提供
      ・「群馬県安心リフォーム事業者登録制度」による情報提供
      ・情報のデジタル化に対応・考慮した高齢者への情報提供
    • 地域包括支援センター及び在宅介護支援センターの相談機能強化
    • 住まいに関する相談を福祉関係の相談と併せてワンストップで受けることのできる総合相談窓口の体制づくりの検討
  3. 高齢者の円滑な住み替えへの支援
    • 群馬県空き家活用・住みかえ支援事業などの各種支援制度の情報提供

群馬県高齢者居住安定確保計画(2021)のダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部住宅政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2889
FAX 027-221-4171
E-mail juusei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。