本文へ
表示モードの切替
印刷

主要農作物作況調査報告

 水稲、小麦およびコンニャクについて作況ほを設置し、地域別・時期別の作況等を把握することにより、気象の変化等に対応した技術対策を公開します。
作況調査は、水稲が7~10月の各月15日、小麦が2~6月の各月20日、コンニャクが8~10月の各月2日および収穫時に実施しています。

小麦 令和2年産第1回 生育概況

 暖冬の影響で生育が大幅に早まっているため、春先の凍霜害が懸念される。現在の作柄は「並~やや不良」が見込まれる。

小麦 令和2年産第2回 生育概況

 高温で経過したため麦類の生育は著しく早まっている。現在の作柄は「並」が見込まれる。

小麦 令和2年産第3回 生育概況

 小麦の出穂期は、平年より5~7日程度早まっている。作柄は「並~やや不良」が見込まれる。

小麦 令和2年産第4回 生育概況

 小麦の出穂期は、平年より5~7日程度早まったが、4月の低温の影響により登熟が停滞した。作柄は「並~やや不良」が見込まれる。

コンニャク 令和元年度中間成績(8月2日現在)

 地上部は小柄。日照不足や大雨被害の影響により、ほ場間のバラツキが非常に大きい。作況指数の平年比加重平均は97である。

コンニャク 令和元年度中間成績(9月3日現在)

 日照不足による生育の遅れは回復してきたが、病害による倒伏が多く、肥大もやや抑制されている。作況指数の平年比加重平均は95である。

コンニャク 令和元年度中間成績(10月2日現在)

病害による倒伏が多く、ほ場間差が大きいが、病害の少ないほ場は、球茎の肥大が回復してきた。作況指数の平年比加重平均は99である。

コンニャク 令和元年度最終成績(収穫期)

初期生育は遅れたが、8月以降の気温が高く、肥大の遅れは徐々に回復した。腐敗病が多く、ほ場間差が大きい。作況指数の平年比加重平均は102である。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3074
FAX 027-221-8681
E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。