本文へ
表示モードの切替
印刷

主要農作物作況調査報告

 水稲、小麦およびコンニャクについて作況ほを設置し、地域別・時期別の作況等を把握することにより、気象の変化等に対応した技術対策を公開します。
作況調査は、水稲が7~10月の各月15日、小麦が2~6月の各月20日、コンニャクが8~10月の各月2日および収穫時に実施しています。

水稲 令和3年産第1回 生育概況

早期

「コシヒカリ」の生育は順調で、出穂期は平年並が見込まれる。

早植

生育は概ね順調だが、日照不足のためやや軟弱に生育している。葉いもちの発生が懸念される。

普通期

移植後の一時的な低温や日照不足のため初期生育がやや遅れており、分げつもやや少ない。葉いもちの発生が懸念される。

水稲 令和3年産第2回 生育概況

早期

「コシヒカリ」の出穂期は平年並であった。出穂後の高温や乾燥・強風の影響による白未熟粒等の発生が懸念される。

早植

「コシヒカリ」「ひとめぼれ」の出穂期は平年より2日程度早まった。乾燥・強風・低温等による品質・収量への影響が懸念される。

普通期

「あさひの夢」の出穂期は平年並~やや早まる見込み。7月の天候不順による生育の遅れは回復し、分げつもやや多い。

水稲 令和3年産第3回 生育概況

早期

「コシヒカリ」の成熟期は平年より3日遅れた。白未熟粒が見られるが、品質・収量とも概ね平年並。

早植

「コシヒカリ」「ひとめぼれ」の成熟期は、平年並~3日程度遅れる見込み。倒伏や刈り遅れ、未熟粒等による品質への影響が懸念される。

普通期

「あさひの夢」の出穂期は平年並~2日程度遅れ、成熟期も遅れる見込み。低温や曇雨天の影響で穂揃いが悪く開花も長期化したため、収穫時期の遅延や品質・収量への影響が懸念される。

小麦 令和3年産第1回 生育概況

 少雨による乾燥の影響により、播種が遅れたほ場等で出芽不良や生育の停滞が見られたが、全体的に生育は順調で平年並~やや早まっている。

小麦 令和3年産第2回 生育概況

麦類の生育が早まっているため、低温時の凍霜害の発生が懸念される。現在の作柄は「並」が見込まれる。

小麦 令和3年産第3回 生育概況

小麦の出穂期は平年より5~8日早まっている。現在の作柄は「並」が見込まれる。

小麦 令和3年産第4回 生育概況

小麦の出穂期は、平年より5~7日程度早まったが、成熟期は平年並~やや早まる程度となる見込み。一部で枯れ熟れが散見されている。作柄は「並」が見込まれる。

小麦 令和3年産第5回 生育概況

小麦の成熟期は平年並~5日程度早まった。品質は平年並、作柄は「平年並~やや不良」が見込まれる。

コンニャク 令和3年度中間成績(8月2日)

生育は概ね順調だが、「根腐病」や「腐敗病」が発生し、今後被害の拡大が予想される。
球茎肥大は、産地・ほ場間でバラツキが大きい。作況指数の平年比加重平均は103である。

コンニャク 令和3年度中間成績(9月2日)

生育は概ね順調だが、8月中旬の曇雨天で「根腐病」、「腐敗病」、一部で「葉枯病」の被害が拡大した。
球茎肥大は、「あかぎおおだま」が平年並~やや悪い、「みやままさり」は平年並~やや良い。
作況指数の平年比加重平均は101で、前月から2ポイント低下した。

コンニャク 令和3年度中間成績(10月1日)

9月に入り「腐敗病」の被害拡大は鈍化した。「根腐病」の被害は平年並~やや少ない見込み。
8月中旬~9月中旬の曇雨天の影響で、「あかぎおおだま」、「みやままさり」とも球茎肥大が抑制され、作柄が大幅に悪化した。作況指数の平年比加重平均は92で、前月から9ポイント低下した。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3074
FAX 027-221-8681
E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。