本文へ
表示モードの切替
印刷

新規就農者の動向(令和元年度新規就農者実態調査結果について)

1 目的

 新規就農者実態調査は、新規就農者の実態を把握し、新たな就農者の確保・育成対策に役立てるために実施しています。

2 調査方法

 調査対象者は、平成30年8月2日から令和元年8月1日の間に就農した「45歳未満」及び「45歳以上65歳以下」の新規就農者とし、各農業事務所(普及指導課・地区農業指導センター)が関係機関等から得た情報をもとに調査を実施しました。

3 45歳未満の新規就農者数

  1. 就農者数は、170人(前年215人)で前年と比較して45人減少しました。
  2. 経営部門別では、園芸(野菜、果樹、花き)が108人(64%)と最も多く、次に畜産(酪農、肉牛、養豚、養鶏)の28人(16%)、米麦は16人(9%)でした。
  3. 就農形態別では、農家子弟(農家出身)と新規参入(非農家)を合わせた自営就農が103人(61%)、雇用就農が67人(39%)でした。自営就農のうち、農家子弟は73人と前年度より16人減少し、新規参入は30人で8人増加しました。また、雇用就農は37人減少しました。
45歳未満の新規就農者数(経営部門別・就農形態別 単位:人)
区分 自営就農 雇用就農 合計 30年度
農家子弟 新規参入 小計
米麦 11 16
園芸 52 27 79 29 108 125
畜産 22 28 53
その他 10 13 18 31
合計 73 30 103 67 170 215
30年度 89 22 111 104 215  

4 45歳以上65歳以下の新規就農者数

  1. 就農者数は57人で、前年と比較して7名増加しました。
  2. 経営部門別では、園芸が最も多く44人(77%)でした。
  3. 就農形態別では、自営就農が42名(74%)、雇用就農者が15名(26%)でした。自営就農のうち、農家子弟は34人で7名増加し、新規参入は8人で4人増加しました。
45歳以上65歳以下の新規就農者数(経営部門別・就農形態別 単位:人)
区分 自営就農 雇用就農 合計 30年度
農家子弟 新規参入 小計
米麦
園芸 28 36 44 31
畜産
その他 11
合計 34 42 15 57 50
30年度 27 31 19 50  

5 新規就農者確保に向けて

 県では、群馬県農業農村振興計画2016-2019において、45歳未満の新規就農者の確保目標値を年間230人(4年間で920人)としています。目標の達成に向けて、高校生を対象にしたセミナーの開催、農業体験の開催、県内外での就農相談会を増やすとともに、産地に就農できる仕組みづくり(産地の受入体制整備)などに取り組んでいきます。

このページについてのお問い合わせ

農政部農業構造政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3064
FAX 027-225-0096
E-mail noukouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。