本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県農薬管理指導士(養成研修・認定試験)

 群馬県では農薬使用者に直接接する農薬販売業者、農薬の使用に関して指導的な立場にある方並びに防除業者及びゴルフ場等の農薬使用者といった農薬を取扱う業者を対象に、研修会を実施し、認定試験により農薬に関する専門的な知識を修得したと認められる方を「農薬管理指導士」として認定しています。農薬管理指導士は、農薬の安全使用が図られるよう、各々の業務において指導的役割を担っています。

※農薬管理指導士として認定を受けるためには、養成研修及び認定試験(免除者は研修のみ)を受け、合格しなければなりません。

令和3年度 農薬管理指導士養成研修・認定試験における注意点

  • 群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライン」の警戒度に応じて、下表のとおり実施します。
  • 養成研修(集合研修を実施する場合)は原則全日程受講していただきますが、やむを得ない理由で欠席する場合、欠席時間が4時間を超えると認定試験の受験資格を失いますので御注意ください。
令和3年度群馬県農薬管理指導士養成研修・認定試験の警戒度別実施方法
警戒度(注1) 学習方法 認定試験方法
1または警戒度設定なし 集合研修(注2) 集合試験
(認定試験、注2)
2または3 自習
(テキスト及び講師作成資料)
集合試験
(認定試験、注3)
自習
(テキスト及び講師作成資料)
自宅試験
(緊急時認定試験)

(注1)警戒度は群馬県ホームページで確認してください。市町村別に警戒度が設定されている場合は集合研修・集合試験会場が位置する前橋市の警戒度とします。
(注2)2グループに分けて、感染防止対策を徹底した上で実施します。受講申込書の提出時に「令和3年度群馬県農薬管理指導士養成研修・日程試験日程に関するアンケート」の提出をお願いします。
(注3)感染防止対策を徹底した上で、1回あたりの受験者数を制限して複数回に分けて実施します。自習の後に集合試験を実施する場合の集合試験予定日は、令和4年2月28日(月)または令和4年3月2日(水)です。

*詳細は「令和3年度群馬県農薬管理指導士養成研修・認定試験における新型コロナウイルス感染拡大その他緊急時への対応について」を御覧ください。

実施日時及び会場

第1グループ

養成研修

1日目:令和3年12月9日(木)午前9時45分から午後4時30分(受付は9時15分から)
2日目:令和3年12月10日(金)午前9時30分から午後4時35分

認定試験

令和3年12月17日(金)午前9時50分から午前11時15分(受付は9時30分から)

会場(養成研修及び認定試験)

群馬産業技術センター多目的ホール(前橋市亀里町884番地1)
群馬産業技術センター会場案内図(PDF:449KB)

第2グループ

養成研修

1日目:令和4年1月12日(水)午前9時45分から午後4時30分(受付は9時15分から)
2日目:令和4年1月13日(木)午前9時30分から午後4時35分

認定試験

令和4年1月20日(木)午前9時50分から午前11時15分(受付は9時30分から)

会場(養成研修及び認定試験)

群馬県前橋合同庁舎6階 大会議室(前橋市上細井町2142-1)
前橋合同庁舎会場案内図(PDF:479KB)

研修内容

 植物防疫一般、農薬一般、関係法令、農薬の安全対策、病害虫防除対策 等

受講資格

 次のいずれかに該当する方です。

  1. 農薬の販売業務に従事している方で、実務経験が2年以上ある方。
  2. 防除業又はゴルフ場において防除業務に従事している方で、実務経験が2年以上ある方。
  3. 農薬の使用に関して指導的な立場にある方で、実務経験が2年以上ある方。(農協の営農指導員、直売所・市場の責任者等)
  4. その他県が適当と認める方。

テキストについて(*注)

(*注)研修会場でのテキスト販売・配布はありませんのでご注意ください。

  • テキストは「農薬概説(2021)」(発行・編集:一般社団法人 日本植物防疫協会)を使用します。(税込2,750円)
  • テキストは、各自購入し、研修当日は忘れずに持参してください。

令和2年度養成研修申込者については、当該年度のテキスト「農薬概説(2020)」も使用可とし、研修受講、自習及び試験受験において「農薬概説(2020)」の使用が不利とならないために必要な情報があれば提供します。

【テキスト購入方法】

日本植物防疫協会の「JPPAオンラインストア」(外部リンク)で購入してください。
※JPPAオンラインストアでの購入が難しい場合は、日本植物防疫協会に電話して購入を申し込んでください(電話 03-5980-2183、受付時間 平日午前9時00分~午後5時00分(土曜・日曜・祝祭日は休み))。

認定試験の免除

 次のいずれかに該当する方については、受講申込時に資格を証明する書類の写しの提出があれば試験を免除します。ただし、試験が免除される場合であっても、養成研修の受講は必須とします。警戒度2以上等により養成研修が中止となった場合には、自習内容に関する簡単なレポートの提出をお願いします(詳細は研修中止通知の際にお知らせします)。

  1. 他の都道府県知事が認定した「農薬管理指導士等」
  2. 全国農業協同組合連合会長が認めた「防除指導員」
  3. 全国農業協同組合理事長が認めた「農薬安全コンサルタント」
  4. (社)緑の安全推進協会長が認めた「緑の安全管理士」
  5. 農業改良助長法による「普及指導員」の有資格者で、実務経験が2年以上ある人。又は農業改良助長法の一部を改正する法律(平成16年法律第53号)による改正前の農業改良助長法第14条の3第2項に規定する「改良普及員(農業関係)」の有資格者で、実務経験が2年以上ある人。ただし、県在職中の者は除く。

申込方法

 次の書類を令和3年11月11日(木)までに群馬県農政部技術支援課生産環境室植物防疫係あて提出してください。

提出先

群馬県農政部技術支援課 生産環境室植物防疫係 あて
【郵送】〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1
【電子メール】shokubou7@pref.gunma.lg.jp

*押印省略としたため、電子メールでの提出も可能としますが、FAXでの提出は不可とします。
*テキスト購入に関する証明書の添付は必要ありません。
令和2年度の養成研修申込者に限り、氏名、現住所、電話番号、メールアドレス、勤務先名称・住所・電話番号が前回申込時から変更なければ、様式第1号の「1 履歴書」の右側空白部に「令和2年度から変更なし」と記載することで、履歴書の添付を省略できることとします。
*受講決定者には受講決定通知書を令和3年11月30日(火)までに郵送します。受講決定通知書が届かない場合は、技術支援課にお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3038
FAX 027-221-8681
E-mail shokubou7@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。