本文へ
表示モードの切替
印刷

農業制度資金早わかり表

資金の概要

借り入れ条件(限度額・償還期間等)別に見た農業制度資金
資金の種類 償還期限 融資率 借入限度額
農業近代化資金 認定農業者の場合 15年以内 100 個人 1,800万円(知事特認 2億円)
農業を営む法人等 2億円
上記以外 15年以内 80 同上
日本政策金融公庫資金 農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)
25年以内 100 個人 3億円(特認6億円)
法人 10億円(特認30億円)
経営体育成強化資金
(前向き投資)
25年以内 80 個人 1.5億円
法人 5億円
農業改良資金 12年以内 100 個人 5,000万円
法人 1億5,000万円
青年等就農資金 17年以内 100 3,700万円(特認1億円)
中山間地域活性化資金 15~25年以内   事業費の80%
総合農政推進資金 認定農業者等支援資金(※注1) 5年以内   公庫資金・近代化資金に準ずる
中山間地域振興対策資金(※注1) 5年以内 近代化資金・中山間地域活性化資金に準ずる
農業経営負担軽減支援資金 10年以内
特認15年以内
  営農負債額

(※注1) 農業近代化資金、公庫資金等への県単独の上乗せ資金です。

目的別に見た農業制度資金
資金の種類 施設の改良取得 機械の改良取得 農地等の取得 土地の改良造成 農地の賃借料の一括払い 果樹花きの植栽育成 種苗肥料農薬等の購入 家畜の購入育成 農業に関する研修準備 パソコン等導入 家畜排せつ物処理施設の設置 負債の整理 観光農業施設
農業近代化資金
認定農業者の場合    
上記以外        
日本政策金融公庫資金
農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)
経営体育成強化資金        
農業改良資金      
青年等就農資金        
中山間地域活性化資金                      
総合農政推進資金 認定農業者等支援資金(※注3)                          
中山間地域振興対策資金(※注4)                          
農業経営負担軽減支援資金                        

(注) 表中の、「認」は農業経営基盤強化促進法上の認定農業者、「就」は農業経営基盤強化促進法上の認定新規就農者、「集」は一定の要件を満たす集落営農組織、「研」は研修のみ可のことです。
(※注3) 認定農業者等支援資金は、農業近代化資金、公庫資金への県単独の上乗せ資金です。資金使途は、農業近代化資金、農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)、経営体育成強化資金の借入条件によります。
(※注4) 中山間地域振興対策資金は、農業近代化資金、中山間地域活性化資金への県単独の上乗せ資金です。資金使途は、農業近代化資金、中山間地域活性化資金の借入条件によります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部農業構造政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3042
FAX 027-225-0096
E-mail noukouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。