本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県住生活基本計画2016の公表について

 県民の住生活の安定確保及び向上を目標とし、第15次群馬県総合計画「はばたけ群馬プラン2」の基本理念である「群馬で暮らし始めたくなる」、「群馬に住み続けたくなる」、「群馬で家族を増やしたくなる」を実感できる社会を目指し、今後10年間の新たな住宅施策をまとめた基本計画「群馬県住生活基本計画2016」を策定したので公表します。

 この「群馬県住宅住生活基本計画2016」は、住生活基本法(平成18年法律第61号)で義務づけられた都道府県住生活基本計画です。

群馬県住生活基本計画2016(PDF版)

群馬県住生活基本計画2016 概要

計画の目的

県民の住生活の安定の確保及び向上の促進のため、住生活の課題に対応した住宅政策を総合的・計画的に推進していくために基本目標、施策の展開、成果指標を定める

基本目標

(1)誰もが安心して暮らせる住まい・まちづくり

県民の住まいに対する不安が解消され、誰もが安心して暮らせる住まい・まちづくりを目指します。

(2)豊かで住み続けられる住まい・まちづくり

県都市部や農村、山間地などの“まちのまとまり”が育んできた地域性を活かして豊かで住み続けていける住まい・まちづくりを目指します。

(3)いいものを長く大切に使う住まい・まちづくり

質の高い既存住宅ストックの価値を評価し、適切に手を入れながら、いいものを長く大切に使っていける住まい・まちづくりを目指します。

施策の展開

(1)誰もが安心して暮らせる住まい・まちづくり

  • 安心して子育てができる住まいの充実
  • 子育てに配慮した良好な地域づくり
  • 高齢者が安心して暮らせる住まいの充実
  • 民間賃貸住宅によるセーフティネットの充実
  • 公的賃貸住宅によるセーフティネットの充実
  • 被災した住宅の復旧等の災害時・緊急時における体制の整備

(2)豊かで住み続けられる住まい・まちづくり

  • 住宅市場の流通の円滑化
  • 質の高い新築住宅の供給
  • 「ぐんま」の住まいづくり
  • 「まちのまとまり」の形成のための仕組みづくり
  • 安全で魅力ある住宅地づくり
  • 高齢者が住み続けられる地域づくり

(3)いいものを長く大切に使う住まい・まちづくり

  • 住宅の安全性の確保
  • 質の高い既存住宅ストックの形成
  • 空き家対策の推進

成果指標

主な成果指標は以下のとおり

「主な成果指標」一覧
項目 現状値 目標値
最低居住面積水準未満率 2.4%(平成25年度) 早期に解消(平成37年度)
子育て世帯の誘導居住面積水準達成率 48.4%(平成25年度) 64%(平成37年度)
高齢者のいる住宅のバリアフリー化率 39.9%(平成25年度) 75%(平成37年度)
公営住宅の供給目標量   当初5年間:9,000戸
10年間:18,000戸
新築住宅における認定長期優良住宅の割合 13.4%(平成26年度) 20%(平成37年度)
住宅の一定の省エネルギー対策率 30.4%(平成25年度) 46%(平成37年度)
情報提供(相談)件数 1,015件(平成27年度) 2,000件(平成37年度)
リフォーム実施戸数の住宅ストック戸数に対する割合 4.1%(平成25年度) 7%(平成37年度)
空家対策計画を策定した市町村数の全体市町村数に対する割合 0割(平成26年度) おおむね9割(平成37年度)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部住宅政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2889
FAX 027-221-4171
E-mail juusei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。