本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県県有施設長寿命化指針

 「群馬県県有施設長寿命化指針」は、「群馬県県有財産活用基本方針」における取組の一つである「長寿命化の推進」の具体的な方向性を示すものとして策定したものです。

長寿命化実現の考え方

 施設整備の考え方を、従来のスクラップアンドビルドから、既存ストックの有効活用へと転換する。

具体的な取組み

(1) 目標使用年数の導入

 原則として、既存施設65年、新築施設100年の長期使用を目標とする。

(2) 施設点検の実施

 施設点検の充実を図ることにより、不具合箇所を早期に発見し、適切な処置を講じる。

(3) 長期保全計画の作成

 計画的な「予防保全」を推進するため、重要度の高い施設は、長期保全計画を作成する。

(4) 要求性能の確保

 改修工事、大規模リニューアル工事の実施により、要求性能の確保を図る。

(5) 長寿命化設計基準の策定

 長寿命化に必要な性能を備えた部位・部材及び設備は、企画設計段階からの採用検討が効果的であるため、「長寿命化設計基準」を策定し、企画設計時に採用すべき仕様を示す。(平成25年度策定予定)

(6) 推進体制の整備

 長期保全計画の作成支援、保全情報データの一元化を推進するため、部局横断的な総括部門を設置する。

長寿命化の効果

(1) ライフサイクルコスト縮減効果

 施設を長期使用することにより、ライフサイクルコストの縮減が可能となる。

(2) 施設の計画的な整備の推進効果

 目標使用年数の設定及びライフサイクルコストの算定により、施設の建替えや解体・処分時期の目安を示すことが可能となる。

(3) 施設保全費用の平準化効果

 各施設の長期保全計画を作成することにより、各年度に必要な修繕の項目と概算費用の算出が可能となるため、修繕優先度を判断して、前後の年度に振り分けることにより、施設保全費用の平準化が可能となる。

(4) 環境負荷の軽減効果

 施設の長期使用により温室効果ガスの発生抑制が可能となる。

ダウンロードはこちらから

「群馬県県有施設長寿命化指針【平成29年3月一部改正】(全文)」(PDF:387KB)

「群馬県県有施設長寿命化指針【平成29年3月一部改正】(概要)」(PDF:152KB)

「ファシリティマネジメント」に戻る

このページについてのお問い合わせ

総務部財産有効活用課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2114
FAX 027-223-5030
E-mail zaisanka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。