本文へ
表示モードの切替
印刷

Gメッセ群馬の防災機能について

 Gメッセ群馬(群馬コンベンションセンター)の防災機能について、計画概要をまとめました。

1.Gメッセ群馬の設計コンセプト

 Gメッセ群馬は、設計コンセプトのひとつとして、防災機能を強化した施設とすることを掲げています。

設計コンセプト画像

2.防災拠点としての役割

  • 防災拠点(避難場所・物流拠点・一時集結地)としても活用できる施設を目指して計画しています。
  • コンコースやホワイエ、会議室等を利用し、地域住民や帰宅困難者を最大約7千人受け入れるほか、展示場を、救援物資の仕分け等に用いる物流拠点として計画しています。
  • 屋外は自衛隊、消防や警察の一時集結地としての利用を想定しています。

3.防災拠点としての施設整備

  • 災害時に、建物が防災拠点として機能するために、建築基準法で求められる1.5倍の強度を確保しています。
  • 災害時に3日間稼働できる非常用発電設備を計画しています。
  • 災害用トイレとしてマンホールトイレを40基整備します。
  • 井戸水をマンホールトイレ洗浄水や飲用以外の生活用水として活用します。
  • 非常用の食料や飲用水の備蓄を計画しています。
マンホールトイレイメージ写真
△ マンホールトイレのイメージ (提供:東松島市)
マンホールトイレ概略図画像
△ マンホールトイレ概略図 (出典:マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン/国土交通省)

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局イベント産業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2707
FAX 027-223-1197
E-mail ibentoka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。