本文へ
表示モードの切替
印刷

もっと知りたい!出前なんでも講座

【お知らせ】女子大学及び県民健康科学大学の講座について

平成30年度から、県立大学が公立大学法人により運営されることを受け、これまで女子大学及び県民健康科学大学が実施していた講座は、大学独自の事業として、両大学が直接対応することとなりました。
そのため、平成30年度の両大学への申込みは、直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先(女子大学及び県民健康科学大学)

群馬県立女子大学「出前講座」(外部リンク)
群馬県立県民健康科学大学「出前講座」(外部リンク)

出前なんでも講座の詳細

対象となる集会は? | 経費はかかるの? | 出前なんでも講座 人気ベスト10(県政) | 過去の実績   | 利用者の感想

対象となる集会は?

県内にある町内会や子ども会などの地域の団体、企業などの民間団体、学校や市町村などの公的団体などが主催する、おおむね15人以上の会議や説明会、授業などの集会が対象です(営利目的の集会などは対象外とします)。
日時は、土日祝日や夜間も対象(要相談)とし、なるべく、ご希望に合わせます。

経費はかかるの?

講師の派遣は無料です。
ただし、有償頒布している資料を使う場合や材料費、会場の運営経費などは、主催者側の負担となります。また、資料の原稿は講師が用意し、印刷は主催者側でしていただく場合があります。

出前なんでも講座 人気ベスト10(県政)

平成30年度

1位 薬物乱用防止について<薬務課>
2位 健康寿命延伸について<保健予防課>
3位 ぐんまの防災<危機管理室>
4位 季節の星空案内<ぐんま天文台>
5位 ぐんまの魅力について<広報課>
5位 住宅や振り込め詐欺等の被害防止について<消費生活課>
7位 感染症について<保健予防課>
7位 生涯にわたる食育について<保健予防課>
7位 ほめて育てるコミュニケーション・トレーニング<児童福祉課>
7位 ワクわく子育てトーキング<生涯学習センター>

平成29年度

1位 うっかりミスはなぜ起きる<県民健康科学大学>
2位 はたらく人のストレス<県民健康科学大学>
3位 薬物乱用防止について<薬務課>
4位 「ぐんまの親の学びプログラム」による家庭教育支援<生涯学習センター>
5位 タッピングタッチを体験してみよう<県民健康科学大学>
6位 上毛かるたで見直す群馬の姿<県立女子大学>
7位 転倒予防にむけた身体づくり<県民健康科学大学>
7位 ぐんまの魅力について<広報課>
7位 古文書に親しむ<文書館>
10位 感染症について<衛生環境研究所>

平成28年度

1位 うっかりミスはなぜ起きる<県民健康科学大学>
2位 地震に備えて~わが家の耐震知識~<建築課>
3位 薬物乱用防止について<薬務課>
4位 季節の星空案内<ぐんま天文台>
5位 はたらく人のストレス~からだの声を聴く~<県民健康科学大学>
6位 体に痛みがあるときの生活の工夫<県民健康科学大学>
6位 夏休み・自由研究の進め方<県民健康科学大学>
8位 感染症について<衛生環境研究所等>
8位 群馬の温泉について<薬務課>
10位 古文書に親しむ<文書館>

過去の実績

過去の実績表一覧
年度 テーマ数 実施回数 参加(受付)人数
平成30年度 403 382回 20,868人
平成29年度 489 582回 34,118人
平成28年度 498 467回 28,506人
平成27年度 498 402回 25,806人
平成26年度 514 294回 18,187人
平成25年度 526 371回 22,510人
平成24年度 525 346回 26,966人
平成23年度 536 332回 44,311人

ご利用いただいた皆さまからの感想

感想一覧表
テーマ 利用者の感想
群馬の温泉について 今回の講演内容は、県出前講座でとても人気がある講座と聞いておりましたので、参加者の方々に何かしらの参考になればとの思いで申し込みました。
群馬県は、草津温泉をはじめとする「温泉県」として全国に有名で全員が真剣に講師の話に耳を傾けていただいたので、参加者の方々へ温泉について情報が得られるいい機会になったかと思います。ありがとうございました。
今後も「出前講座」については積極的に活用させていただきたいと思います。
群馬県のブランド魚について 小学生から大人まで、非常にわかりやすくワクワクする内容でした。
子どもたちに質問を投げかけるように聞いてみたり、答え探しをする場面があり、子どもたちもしっかり話に入り込めているようでした。
大人に対しては、質問コーナーを設けていただき、釣りや食のことについても丁寧にお応えいただけたので、内容はもちろんのこと、個々に思っていること知りたいことを掘り下げて学習できたように感じられました。
児童虐待防止について 全国と群馬県の件数の比較や推移など、とても興味深く聞くことができました。本市における相談件数についてもお話していただき、とても身近なことで大変驚きました。虐待を見逃さないためのポイントをしっかり頭に入れ、地域を見守ることで、明るい地域や家庭づくりに貢献していきたいと思います。
健康寿命延伸について 日本は、これから世界一の超高齢化社会に突入するようです。健康寿命を平均寿命に近づけることは、国にとっても私達の家族にとっても大切なことです。私達の団体は趣味の会ですが、年齢も70歳以上になっており、できるだけ長く続けて、認知症にならないよう頑張りたいと思います。役に立つ講座、ありがとうございました。
生涯にわたる食育について 非常に充実した時間となりました。終了後、感想を書かせたところ全員が新しいことや知らないことがわかったと答えました。また、朝ごはん、睡眠、牛乳と骨の成長など、重要でなおかつすぐにでも実践できる内容を重点的にお話していただいたので、今後、改善していきたいと思えたようです。ありがとうございました。
熱中症対策について 熱中症がどういうものなのか、熱中症にならない対策や実際になってしまった後の対策(処置の方法など)の話を聞いた後に、DVDを見る事でよりよく理解することができました。実際に講義を聞くことで、新しい知識が得ることができたり、今まで自分の中にあった知識がよいものなのか否か不安なところもあったが再確認できてよかったという意見も多くありました。介護施設なので利用者の方へはもちろんですが、職員本人へも講義の内容を活かし事前事後の対策をしっかりしていきたいと思います。お忙しいなか、講義の依頼を引き受けていただき感謝いたします。とても勉強になりました。
多文化共生について それぞれ国の文化的違いや日本に住む外国人の具体的な数値が明記されていたので理解しやすかったです。
豆知識も多く教えてもらえ、生徒の興味、関心をひくものでした。
くらしの中の食品表示 本日はご講演いただきありがとうございました。1時間では足りないほどの充実した内容でした。DVDもとても興味深いもので、子どもにもよいと思いました。食品表示には細かなことまで書かれていることを知ったので、今後はより深く読んでみようと思いました。2020年までにさらに覚えて、事業に役立てられればと思います。ありがとうございました。
ぐんまの防災 本県における防災の在り方を学ぶ、貴重なお話を聞くことができました。また、細かな部分にわたって資料がつくりこまれていた点にも生徒だけでなく、教員も勉強になることばかりでした。
中でもデータを交えたり、図を交えて震災について説明された点が印象的であり、我々も注意を促していく必要があると改めて思いました。このたびはありがとうございました。
「水害」に備えて 利根川に隣接した地区として、この様な講義を受けるのは初めての試みで大変参考になりました。これを元に自主防災組織を前進させて行きたいと思います。大変ありがとうございました。
公共交通利用促進 県内の公共交通機関や利用状況について詳しい資料を元に、生徒にもわかりやすくお話していただけたと思います。
本校生は自転車通学生が圧倒的に多く、電車やバスの利用が身近でないように思われますが、高齢者ドライバーの問題や自転車事故発生率の高さなどの話題によって、自分自身や家族の問題と重ねて拝聴できたと思います。自家用車利用の便利さの一方にある問題点に目を向けられました。

出前なんでも講座へ戻る

このページについてのお問い合わせ

生活こども部県民活動支援・広聴課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2176
FAX 027-223-2944
E-mail kenminka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。