本文へ
表示モードの切替
印刷

【tsulunosPLUS(ツルノスプラス)12月号】親子でおでかけ!つるの親子探検隊

つるの親子探検隊のロゴ画像
つるの親子探検隊
亜里沙(ありさ)さん、凜音(りの)くん(8歳)・海琉(かいる)くん(7歳)、来虹(らに)ちゃん(2歳)の写真
亜里沙(ありさ)さん、凜音(りの)くん(8歳)・海琉(かいる)くん(7歳)、来虹(らに)ちゃん(2歳)

群馬県立自然史博物館で生き物の不思議を体験せよ!

 今回の探検は、富岡市にある群馬県立自然史博物館。広い館内には、恐竜の化石やロボットを展示したコーナー、群馬の自然に触れられるコーナーがあり、自然の神秘や生き物の不思議をいっぱい体験しました。

恐竜の大きさに思わずびっくり!!

巨大恐竜の化石やロボットの写真
ジオラマを見ている写真
当時を再現した精巧なジオラマに目がくぎ付け。海にも恐竜がいたんだ!
マンモスの模型を見ている写真
こんなに大きいマンモスの狩りをしていたんだね!

 博物館の目玉といえば巨大な恐竜の化石やロボット。特に「ティランノサウルス」は迫力満点で、ちょっと怖いくらい。昔の地球には、こんなに多くの恐竜がいたことが分かり、びっくり。

まるで本物!?群馬の自然を体験できる

森を再現した展示の写真
ウサギなどを見つけた!
トンボの写真
巨大トンボ発見!
水槽で泳ぐ魚を見つめる来虹ちゃんの写真
水槽で泳ぐ魚に来虹ちゃんも興味津々。

 身近な群馬の自然について学べるのも博物館のいいところ。森を再現した展示では隠れた動物探しに挑戦。いろいろな鳥の鳴き声を聞けるのも楽しかった~。

博士のコレクションで自然の神秘にふれる

博物学者チャーリー博士のコレクションを再現したコーナーの写真
顕微鏡で羽根を見てみた!

 博物学者チャーリー博士のコレクションを再現したコーナー。世界中から収集した動物・植物・鉱物などの標本を間近に見たり、触れたり、装置で調べる体験ができます。

群馬県立自然史博物館

住所/富岡市上黒岩1674−1
電話/0274-60-1200
入場は事前予約制。オンライン予約(群馬県立自然史博物館:外部リンク)のうえお出かけください。
※年内は12月13日(日)まで、新年は1月2日(土)から

親子モデル募集中

「つるの親子探検隊」に出演してくれる親子を募集中。群馬の魅力を一緒に発信しませんか?

  • 親子モデル募集中!つるの親子探検隊

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2162
FAX 027-243-3600
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。