本文へ
表示モードの切替
印刷

安中市そだちの新しい野菜たち

安中市で生産量が多い野菜はナスやネギなどですが、近年では「アレッタ」「ロマネスコ」「プチヴェール」など、珍しい野菜の生産が行われています。

秋冬野菜「アレッタ・ロマネスコ・プチヴェール」

アレッタってどんな野菜?

ブロッコリーとケールを交配して作られた、日本生まれの新しい野菜です。 花蕾(からい)や茎のほか、葉も食べることができます。 苦みがなく、ほんのりした甘みがあり、ビタミンKやカロテンなどの栄養素が多く含まれています。

アレッタの写真

安中地区では平成21年から栽培が始まりました。

10月から収穫が始まり、3月頃まで収穫されています。

ブロッコリーと同様にボイルして食べるほか、電子レンジによる加熱調理も可能です。
マヨネーズを付ける、または、ドレッシングをかけて食べるとおいしくいただけます。

ロマネスコってどんな野菜?

カリフラワーの一種で、ブロッコリーの特性を併せ持っている野菜です。
名前はイタリア語「ローマのカリフラワー(Broccolo Romanesuco)」に由来し、16世紀にイタリアで開発された野菜と言われています。

ロマネスコの写真

つぼみがらせん状にとがった、巻き貝にも見える特徴的な外観を持ち、ブロッコリーに近い味と、カリフラワーに近い食感を持っています。

カリフラワーと同様ににゆでて食べるほか、炒めて食べることもできます。安中地区では平成21年から栽培が始まりました。
収穫は11月中旬から始まり、1月中旬まで収穫されています。

プチヴェールってどんな野菜?

芽キャベツとケールを交配して作られた、日本生まれの新しい野菜です。
芽キャベツと同じように直立した主茎が50~90cmまで伸長し、主茎から発生する脇芽を収穫します。
苦いイメージのケールと異なり、ほんのりとした甘みが特徴となっています。
β-カロテンやカルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富な野菜です。

プチヴェールの写真

安中地区では平成20年頃から栽培が始まりました。

収穫は11月から始まり、2月頃まで収穫されています。

プチヴェールは、同じアブラナ科の菜の花と同様に、和え物にして食べるほか、魚料理のソースなどに加える調理方法もあります。

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所農業振興課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-322-0539
FAX 027-324-6751
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。