本文へ
表示モードの切替
印刷

11月 設備投資の検討についての勉強会を開催

要約

くらぶち草の会の会員を対象に、「設備投資の検討と補助事業の活用」として勉強会を開催しました。産地や個々の経営について将来展望を考え、計画的に設備投資を行っていく意識づくりを図ります。

1 ねらいと背景

くらぶち草の会は、毎年、新規就農者が加わり、産地として拡大が期待できる状況にあります。産地の将来構想を考え、共同利用施設や生産者個々の機械・施設の整備を計画的に行っていくことが、重要と考えられます。

2 取り組み内容

普及指導課では、産地又は個々の経営として、現状を見つめ直したうえで、将来展望を考えることの必要性を認識し、補助事業の活用などにより自己負担を減らしながら、計画的に施設整備をすすめていく考え方を説明しました。

3 今後の方向

くらぶち草の会については、より具体的な相談対応等を行っていきます。また、他の産地においても、将来展望を考え、計画的、段階的に施設整備をすすめていくという意識、流れを作っていくために、地道な取り組みを実施して産地振興を図ります。

講習会での説明写真1
写真1 講習会での説明
参加者からの質疑写真2
写真2 参加者からの質疑

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。