本文へ
表示モードの切替
印刷

沿革


 沿革

明治28年

前橋市岩神町に農事試験場として創立

明治34年

前橋市前代田町(現南町)に移転

昭和13年

群馬郡上郊村(現箕郷町)に上郊原種圃を、新田郡木崎町(現新田町)に木崎園芸分場を新設

昭和21年 

北群馬郡金島村(現渋川市)に金島こんにゃく試験地を新設

昭和22年

金島こんにゃく試験地を農林省に移管

昭和23年

勢多郡桂萱村(現前橋市江木町)に経営技術農場を新設

昭和25年

農事試験場を農業試験場と改称

昭和26年

金島こんにゃく試験地を農林省より引き継ぐ
上郊原種圃を上郊畑作試験地と改称 

昭和30年 

原種部門を残し、本場を前橋市前代田町(現南町)から江木町 (現前橋研究拠点)に移転 

昭和31年

佐波郡東村に佐波東原種圃を、館林市当郷町に邑楽水稲試験地 を新設 

昭和35年 沼田市横塚町に沼田果樹試験地を新設
昭和36年 佐波東原種圃を佐波東営農改善試験地に改称
昭和37年 藤岡市三ツ木畑作改良試験地業務を県農業技術課より引き継ぐ
昭和38年 上郊畑作試験地を経営伝習農場(現農林大)に移管
昭和42年 本場の第2農場(水田)として、前橋市石関町に石関農場を新設
昭和44年 前橋市前代田町(現南町)原種圃、藤岡市三ツ木畑作改良試験地、佐波東営農改善試験地を廃止
昭和45年 園芸試験場を新設金島こんにゃく試験地を渋川こんにゃく試験地、邑楽水稲試験地を館林水稲試験地と改称
昭和53年 館林水稲試験地を館林試験地と改称
昭和55年 高冷地試験地を嬬恋村に設置し、高冷地野菜の研究を開始
昭和58年 組織改正により、農業試験場を廃止し、農業総合試験場に改組、各専門試験場に分室を設置、試験地は分場と改称
昭和60年 生物工学研究室を新設
昭和61年 農産加工指導センターを附置機関として新設
平成元年 こんにゃく分場を渋川市川島から渋川市上の原に移転
平成2年 宮城村に花きの技術及び情報の総合拠点として、花の総合センターを新設
平成6年 農業総合試験場が廃止され、農業総合試験場を農業試験場に改組、東部分場を東部支場と改称、園芸試験場は専門試となり、北部分場・高冷地分場の2分場が移管
平成9年 園芸試験場に生物工学研究室を移管し、野菜果樹部、育種開発部、生産環境室を設置、北部分場は中山間支場と改称
平成12年 宮城村の花の総合センターを廃止し、園芸試験場に花き部を新設

平成15年

組織改正により農業試験場、園芸試験場、農産加工指導センター、病害虫防除所を農業技術センターに統合、農業試験場は前橋研究拠点、中山間支場は中山間地園芸研究センター、東部支場は東部地域研究センター、高冷地分場は高冷地野菜研究センター、こんにゃく分場はこんにゃく特産研究センターと改称 

平成
24年
組織改正により、普通作物第一・第二係を統合し、稲麦研究センターを新設
福島原発事故を受け、農産物等の放射性物質検査を行う検査係を新設
平成
24年
本所本館の新設により、前橋研究拠点機能を移転、それに伴い前橋研究拠点を閉鎖

群馬県農業技術センタートップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

農業技術センター
〒379-2224 伊勢崎市西小保方町493
電話 0270-62-1021
FAX 0270-62-2297
E-mail nogisen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。