本文へ
群馬県ホームページへ

議会運営委員会が県外調査を実施しました(平成28年11月7日(月)~8日(火))

1 調査目的

下記事項について県外調査を実施し、今後の議会運営の進展に役立てます。

  • 名古屋市会、岐阜県議会の議会運営について

2 調査期日

平成28年11月7日(月)~8日(火)

3 調査項目

(1)名古屋市会(愛知県名古屋市)

 名古屋市は、平成28年4月1日現在、人口約229万人余と、横浜市、大阪市に次ぐ全国で3番目に大きい政令指定都市であり、名古屋市会(「市議会」でなく「市会」と称している。)は、議員数は75名となっています。
 市議会では、定例会は年4回制をとっているほか、6つの常任委員会(総務環境、財政福祉、教育子ども、土木交通、経済水道、都市消防)及び6つの特別委員会(大都市制度・広域連携促進、防災・エネルギー対策、産業・歴史文化・観光戦略、都市活力向上、公社対策、安心・安全なまちづくり対策)が設置され、各所管事項等に関する審査・調査が行われています。
 また、近年では、「なごや子ども市会」の開催や、「市民3分間議会演説制度」の実施といった多くの特色ある取組も行われるなど、議会改革や議会活性化の推進に積極的に取り組んでいます。
 ついては、名古屋市会における議会運営の状況と併せ、議会改革や議会活性化の取組などについて調査を行いました。

名古屋市会で調査の様子写真
名古屋市会で調査

(2)岐阜県議会(岐阜県岐阜市)

 岐阜県は、現在、42市町村、人口が約202万人余と、本県と同規模の地方自治体であり、議員数は46名となっています。
 県議会では、定例会は年4回制をとっているほか、6つの常任委員会(総務、企画経済、厚生環境、農林、土木、教育警察)及び4つの特別委員会(地方創生対策、観光交流拡大対策、県有施設再整備対策、議員提案条例検証)(決算を除く)が設置され、各所管事項等に関する審査・調査が行われています。
 特に、本年度から設置された議員提案条例検証特別委員会は、委員数が42名と、ほとんどの議員が属する大規模な特別委員会となっており、特色のある取組の1つとなっています。
ついては、岐阜県議会における議会運営の状況と併せ、特別委員会活動や議会改革の取組などについて調査を行いました。

岐阜県議会にて集合写真
岐阜県議会にて

4 出席委員

委員長:狩野浩志、副委員長:岸善一郎
委員:南波和憲、委員:黒沢孝行、 委員:織田沢俊幸、委員:福重隆浩、委員:萩原渉、委員:星名建市、委員:井田泉、委員:後藤克己、 委員:臂泰雄、委員:高橋正


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-243-4211
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。