本文へ
群馬県ホームページへ

20 議会改革って何をしているの

質問 議会改革って何をしているの?

学生A:議会改革が必要とされる理由は何ですか?

先生:「3 議院内閣制と二元代表制とは」で説明したことを覚えていますか。地方自治制度では、議決機関としての議会と執行機関としての長を、共に住民の代表とする二元代表制を取っています。二元代表制では、双方が独立して機能を発揮することで、県民の意向を十分に反映させられる仕組みとなっているのです。
 地方分権の流れの中で、執行機関の権限は大きなものとなっています。これに対して、議会も、その役割である「立法機能」や「監視機能」の強化を図りながら、分権時代に即した議会へと改革を推進することが求められているのです。

学生A:具体的に、どのような取組が行われているのですか?

先生:県議会では平成17年5月に、議会運営委員会の諮問機関として、「議会改革検討委員会」を設置しました。ここでは、

  1. 本会議のあり方について
  2. 委員会のあり方について
  3. 県に対する議会の関与のあり方について
  4. その他

の4項目を検討課題としました。

学生A:どんな成果が上がったのですか?

先生:議会改革検討委員会では、11次にわたる答申を行いました。この中で、一般質問における一問一答方式の導入や議員定数の削減、政務調査費マニュアルの作成など、議会の機能強化や透明性の向上、経費削減に取り組んできました。
学生A: 群馬県議会では様々な議会改革に取り組んできたのですね。
先生: そうですね。群馬県議会は他県に先駆けて、先進的で実効性のある議会改革を検討し、実行してきました。そして、これらの成果を集約し、平成24年3月に「議会基本条例」を制定したのです。

学生A:「議会基本条例」ってどういうものですか?

先生:「議会基本条例」は、議会活動の「基本理念」とその「実現の仕組み」を定めた条例で、実効性に重点を置いた活動方針や議会機能の強化策が盛り込まれています。さらに、議会改革等の継続性を確保するための組織として、「議会基本条例推進委員会」が設置されました。

学生A:「議会基本条例推進委員会」の構成はどうなっているのですか?

先生:委員は12人で、「交渉団体」(所属する議員が3人以上の党(会)派)から推薦された議員で構成されています。委員会では、条例の基本理念を実現するための具体的な取組、議会改革に係る事項等の検討・実施・評価が行われています。

学生A:具体的にどんなことを検討しているのですか?

先生:「3会期制」を導入したり、議案に対する賛否の公表を会派ごとから議員ごとに改めたり、長期欠席議員等に対する議員報酬の取扱いを見直したり、若者の政治への関心を高める取組を検討したり、様々なことを議論しています。
学生A:議会改革には、継続して取り組むことが大切なのですね。
先生:このぐんまシチズンシップ・アカデミーは、若者の政治への関心を高める取組として平成27年度から行っていますが、平成29年度からは議員が高校に行って生徒と自由に意見交換を行う取組や、令和2年度からは議員が大学生と自由に意見交換を行う取組(令和2年度はオンラインでしたが、令和3年度は大学に行って実施しました。)も行っています。参加した大学生や生徒の意見や要望は、さまざまなかたちで議会で議論され、県の施策にも反映されているのですよ。
 また、新聞などで何かと話題になる「政務活動費」についても、平成30年7月から領収書を県議会ホームページで公開し、透明性の向上に取り組んでいます。そして、平成30年度は、常任委員会、特別委員会、議員有志のそれぞれが立案した政策条例が3つも成立しています(「14 特別委員会とは」の政策提案条例一覧を参照)。まさに、議会の機能強化の成果と言えます。
 令和元年度からは、新たにフェイスブックを開設し、議員自らが議会の情報発信を開始しています。議会改革は継続して取り組んでいるのです。
 令和3年度は、本会議や委員会へのタブレット端末の導入(ペーパレス化)、オンラインによる委員会の開催などに取り組んでいます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。
Get ADOBE Reader


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-221-8201
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。