本文へ
群馬県ホームページへ

特別委員会等の調査状況

積極的な委員会活動を行っています。

 県議会に設置されている委員会は、担当する所管事項について、審議の参考とするために、現場に出向いて調査活動を行っています。
 今回は、特別委員会等の主な調査状況を紹介いたします。

国際戦略・観光に関する特別委員会

国際戦略・観光に関する特別委員会委員

委員長:松本耕司、副委員長:井田泉
委員:関根圀男、黒沢孝行、岸善一郎、井下泰伸、金井康夫、高橋正、本間惠治、伊藤清、山崎俊之、加賀谷富士子

県外調査 平成28年9月6日㈫~8日㈭

阿蘇草原保全活動センターにて集合写真
阿蘇草原保全活動センターにて

(1)日明浄化センター(福岡県北九州市)

 水ビジネスの国際戦略拠点である同センターについて、海外への水道等の技術提供の参考とするため取組状況を調査しました。

(2)阿蘇草原保全活動センター(熊本県阿蘇市)

 阿蘇の草原の保全、学習及び利活用の拠点施設である同センターは、草原の保全、再生を通じての観光や地域振興の活動を行っています。また、阿蘇地域は世界農業遺産に認定されており、観光や地域振興の参考とするため取組状況を調査しました。

(3)熊本県庁(熊本県熊本市)

熊本県では「くまもと県南フードバレー構想」を策定し、県南地域の活性化を目指しています。特にアジアにおける貿易拡大、首都圏への販路拡大、アジア地域との経済交流について国際戦略の参考とするため取組状況を調査しました。

こども未来・県民総活躍に関する特別委員会

こども未来・県民総活躍に関する特別委員会委員

委員長:中沢丈一、副委員長:臂泰雄
委員:岩井均、織田沢俊幸、伊藤祐司、須藤和臣、あべともよ、中島篤、大手治之、藥丸潔、大和勲、本郷高明

県外調査 平成28年8月31日㈬~9月1日㈭

大学連携支援センター「Fスクエア」にて集合写真
大学連携支援センター「Fスクエア」にて

(1)大学連携支援センター「Fスクエア」(福井県福井市)

 福井県内のすべての大学、短期大学、高等専門学校に通う若者が気軽に集い学べる拠点である同施設は、若い世代の県内定着を促進するための事業を実施していることから、若者の活躍推進の参考とするため取組状況を調査しました。

(2)福井県庁(福井県福井市)

 福井県では、子育て世帯に対し経済的応援、職場環境の整備等の効果的な独自事業を展開しているほか、発達障害の早期発見のため支援ツールを開発・普及していることから、これらの取組状況を調査しました。

(3)石川県庁(石川県金沢市)

 石川県では、「いしかわ結婚支援センター」設置や「三世代ファミリー同居・近居促進事業」等で若者や子育て支援に取り組んでいるほか、高齢者の活躍促進に「いしかわ長寿大学」を実施しており、これらの取組状況について調査しました。

スポーツ振興に関する特別委員会

スポーツ振興に関する特別委員会委員

委員長:須藤昭男、副委員長:星名建市
委員:南波和憲、狩野浩志、福重隆浩、岩上憲司、安孫子哲、清水真人、小川晶、荒木恵司、穂積昌信、井田泰彦

県外調査 平成28年9月6日㈫~8日㈭

味の素ナショナルトレーニングセンターにて集合写真
味の素ナショナルトレーニングセンターにて

(1)味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

 同センターは、競技者が同一拠点において集中的・継続的に強化活動を行うことが可能となっています。競技力向上の参考とするため施設及び取組状況を調査しました。

(2)スポーツ庁(東京都千代田区)

 政府のスポーツ施策の中核を担う同庁のスポーツを通じた健康増進、地域・経済活性化などの施策についてスポーツ施策推進の参考とするため取組状況を調査しました。

(3)和歌山県庁(和歌山県和歌山市)

 平成27年に開催された「紀の国わかやま国体」における競技力向上、スポーツ環境の整備・充実や、国体開催を通じた地域活性化の取組状況について調査しました。

(4)紀三井寺公園陸上競技場(和歌山県和歌山市)

 国体メイン会場となった同競技場の施設整備及び管理・運営について調査しました。

(5)秋葉山公園県民水泳場(和歌山県和歌山市)

 国体の水泳会場となった同水泳場の施設整備及び管理・運営について調査しました。

地球温暖化・電力システム改革に関する特別委員会

地球温暖化・電力システム改革に関する特別委員会委員

委員長:新井雅博、副委員長:萩原渉
委員:腰塚誠、久保田順一郎、角倉邦良、水野俊雄、後藤克己、酒井宏明、原和隆、金子渡、金井秀樹、川野辺達也

県外調査 平成28年11月9日㈬~10日㈭

山形エコハウスにて集合写真
山形エコハウスにて

(1)最上町バイオマスエネルギー関連施設(山形県最上郡最上町)

 「バイオマス産業都市」(注1)の認定を受ける同町は、豊富な森林資源を基に木質バイオマスの活用を進めています。再生可能エネルギーの導入・拡大に向けた参考とするため取組状況を調査しました。
 注1 バイオマス産業都市:産業創出と地域循環型エネルギーの供給強化により、環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域

(2)山形エコハウス(山形県山形市)

 山形エコハウスは、山形県が環境省の補助を受け東北芸術工科大学と連携し建設した低炭素社会における住宅の未来形を示すモデルハウスです。研修会・見学会等市民に開かれた取組も実施しており、低炭素社会における住宅の未来を考える上で参考とするため取組状況を調査しました。

決算特別委員会

第3回前期定例会で設置し、決算審査を行いました。

 全議員(議長、副議長及び監査委員を除く)からなる決算特別委員会を設置し、常任委員会単位の分科会で審査した後、総括質疑を行いました。

設置目的

一般会計、特別会計、公営企業会計の平成27年度決算等について審査を行うため。

付議事件

 平成27年度群馬県一般会計歳入歳出決算、同特別会計歳入歳出決算、同公営企業会計決算の認定に関すること等計7件。

図書広報委員会

図書広報委員会委員

委員長:関根圀男、副委員長:穂積昌信
委員:岩井均、新井雅博、伊藤祐司、角倉邦良、井田泉、安孫子哲、藥丸潔、本郷高明

県外調査 平成28年11月9日㈬~10日㈭

海老名市立中央図書館にて集合写真
海老名市立中央図書館にて

(1)海老名市立中央図書館(神奈川県海老名市)

 指定管理者制度により民間事業者に業務委託された同館の運営状況について調査しました。

(2)愛知県議会(愛知県名古屋市)

 議会だよりをはじめとする議会広報の取組や議員の調査に対応する議会図書室の運営状況について調査しました。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。
Get ADOBE Reader


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-243-4211
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。