ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 県土整備部 > 道路整備課 > 安全で安心な生活空間の確保を支援する道路整備(防災・安全)

本文

安全で安心な生活空間の確保を支援する道路整備(防災・安全)

掲載日:2020年3月16日 印刷ページ表示

計画の名称

安全で安心な生活空間の確保を支援する道路整備(防災・安全)

計画の期間

平成25年度 ~ 平成29年度 (5年間)

計画の目標

 道路防災事業・交通安全事業等を実施し、安全で安心な道路空間を確保する。

計画の成果目標(アウトカム指標)と達成状況

 防災対策の実施により、道路防災総点検の要対策箇所が解消された箇所数

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成25年度当初) 最終目標値(平成29年度末) 実績値(平成29年度末)
544箇所 637箇所 658箇所

「交通安全施設等整備事業の推進に関する法律施行令」第4条に規定されている通学路のうち、0.75メートル以上の歩道もしくはグリーンベルトが整備された道路の割合。毎年実施している交通安全施設現況調査により算出する。

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成25年度当初) 最終目標値(平成29年度末) 実績値(平成29年度末)
  83.6% 84.7%

本指標は、市街地内の道路延長(390.4キロメートル※)のうち、無電柱化された道路の割合。毎年実施している無電柱化データベースの更新調査により算出する。

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値(平成25年度当初) 最終目標値(平成29年度末) 実績値(平成29年度末)
  15.0% 15.0%

事後評価書

ダウンロードファイル

社会資本総合整備計画へ戻る