ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 県土整備部 > 都市計画課 > 伊勢崎駅周辺における連続立体交差化による都市機能向上

本文

伊勢崎駅周辺における連続立体交差化による都市機能向上

掲載日:2016年6月3日 印刷ページ表示

計画の名称

伊勢崎駅周辺における連続立体交差化による都市機能向上

計画の期間

平成25年度~平成26年度

計画の目標

伊勢崎駅周辺において、JR両毛線及び東武伊勢崎線を高架化することにより、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化による都市の活性化を図る。

計画の成果目標(アウトカム指標)と達成状況

連続立体交差化による踏切除却数

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値
(平成25年度当初)
中間目標値 最終目標値
(平成26年度末)
20箇所   0箇所

※Σ(踏切除却箇所数)

踏切による渋滞長

アウトカム指標の現況値及び目標値
当初現況値
(平成25年度当初)
中間目標値 最終目標値
(平成26年度末)
2,220メートル   0メートル

※Σ(各踏切における12時間調査の最大渋滞長)

事後評価書

ダウンロードファイル

社会資本総合整備計画へ戻る